So-net無料ブログ作成

天皇賞・春とセレッソ大阪戦 [日記]

ゴールデンウィーク真っ只中、みなさん「月、火はカレンダー通り」と言いつつ電車も街もサラリーマンあんまり見かけなくて、なんだよ世の中ほとんど9連休なのかよと憤っておられることでしょうが、フリーランスは常に連休でもあり常に休日無しのキタサンブラックじゃないや根っからのブラック属性職種でもあり、興味があるのは電車や道路の混み方くらいしかなかったりするんだよねえ。

今年は、4/29(土)に東京の青葉賞を取材した後、天皇賞・春に出走する関東馬よろしく、渋滞を恐れてその日のうちに石田敏徳名人やカメラのハタ坊とクルマで関西へ出発。

で、宿が安くて予約しやすい途中の四日市で「四日市って、市の名前を『四日』に変えちゃえば、市からのお知らせとか『四日市市より』みたいな事態にならず『四日市より』で済むのにねえ」という無責任で意味のないアイデアを口走りつつ宿泊。

途中の高速道路も渋滞はなく、翌日の京都競馬場までも通常レベルの混み方で、なんだこれなら泊まる必要なかったかなとも若干思いつつ快晴の京都競馬場で天皇賞・春。

レースが終わって取材も終了すると、急いで競馬場を出て京阪電車と地下鉄御堂筋線を乗り継いで大阪は長居へ。フロンターレのセレッソ戦を応援に行ったのでした。

春天.JPG

天皇賞は、感動的なレースになった。超のつく一流馬たちが完全に力を出し切って最後はみんなフラフラになるなんて、そうあることじゃない。ほんとに凄かった。

セレッソ戦.JPG

で、セレッソ戦も、選手たちは完全に力を出し切って最後はみんなフラフラに。。。

なってない!と憤る向きもあるようだけど、個人的には、そういう見方はできないかなと思ってるんだよねえ。

試合を見ていてまず思ったのは、選手たちのコンディションがかなり厳しい状態に見えるな、ということ。韓国アウェイから中4日で関西アウェイというのは、数字以上に苦しいんだろうなと思った。阿部ちゃんなんて、前半途中からもうバテバテで動くのがつらそうに見えた。それでも気持ちを奮い立たせて守備に攻撃に走っているのは伝わってきて、これは結果を問わず拍手をしてあげたくなった。

それに加えて、やっぱり憲剛とネットを欠いていたというのは、ただでさえ大島もいない中で致命的だったと思う。

思えばこのチームが始動して、公式戦が始まる前の、メンバーが公開された最後の練習試合(水戸戦)のスタメンは、新井、舞行蹴、谷口、エウソン、車屋、ネット、大島、憲剛、阿部、小林悠、家長というものだった。

ここからフィールドプレーヤーでは怪我で舞行蹴out→復帰の奈良in はさておき、5人がいなくなっているわけだから、そりゃあクオリティは同じというわけにはいかない。しかもそのうち4人はセントラルプレーヤー、ゲームを作る役割の選手なんだから、ほとんど非常事態といっていい。

逆に、これに準じた状態でシーズンをここまでよく持ちこたえてきたという誉め方もできるけど、でもまあ勝てていないのに誉めるってのもヘンな話で。選手たちも誉められたくはないだろうし。

ともかく、なんとか持ちこたえてきたけど、このセレッソ戦はコンディション不良も相まってもちこたえられなかった、ということだと思う。

先に言及した水戸戦では家長が1トップで小林悠は2列目の右で、当時それはあまり機能してなくてまだ手探り状態ではあったけど、例えば今回、何度か試してやっぱり思わしくなかった小林悠の1トップで試合を始めたのは、ちょっと消極的というか、メンバーがいないんだから、これがいちばん誰も文句言わないというか、やっぱりうまくいかなくてもみんな許してくれるんじゃないか、というフォーメーションに見えたのは、ちょっと不満かな。

悠はすごく成長してよそからの評価も高くて今年はチームの中心と自他ともに明言してる選手だけど、決してFWとしてなんでもできるスーパーな選手というわけじゃない。古典的な1トップの役割は、昨年までのチームのサッカーがそうでなかったこともあって、ぜんぜんうまくいっていない。何より、クリエイティブさが感じられなくて、よそから借りてきた戦術のマネごとにしか見えないのが致命的だと思う。

そのあたりのテーマに関して、現在、どうやってチームを作ろうとしているのかは、なんかこれで見えなくなっちゃって、そこも当惑する。

昨年までのサッカーの攻撃面の良いところを継続するなら、0トップ的な3トップで、両サイドは起点になりつつ、裏狙いで相手ラインを下げてギャップを作る。中央は下りてきてトップ下的なプレーを中心に、ここぞというところで裏へ。という感じしかないと思ってるんだけど。まあ3バックなのか4バックなのかとか、後ろのワイドの選手は誰をどう使うのかとか、連動する難題もそれはそれで出てくるけど。

選手は、右が小林悠。中央は現状、長谷川、変化球で阿部、本命はもしや家長。左はレナト的な方向なら三好、小林悠と2トップ的な色を強く出すなら森本、守備重視なら阿部、攻撃の流動性重視なら憲剛という感じなのかな。

三好は、そういうふうに役割を限定してあげないと、このままじゃなんか成長しない気がしてる。役割を限定ってのは、例えば浦和の関根とかガンバの泉澤とかみたいなね。じゃなくてチームの中心を担うゲームメーカーとしての方向でということなら、先の0トップの真ん中に置いちゃうという手があるけど、これは相当なサッカー脳を要求されるので、そういう指導を意識してやっていかないと。今のままじゃ、なんか少年サッカーの試合で上手い子が、わがままなドリブルしてるだけにしか見えない。

大久保の抜けた代わりに誰が点を獲るサッカーにするのかっていうビジョンは、補強との絡みも含めてまだ見えていないわけで、まずは家長やエウソンの復帰を待つしかないのかな。

いちばん心配なのは、こうやって結果が出ない時期が続くと、普通は選手たちが一枚岩になれなくなってくるところ。ここが踏ん張りどころだと思う。ここを乗り切ってチームが正しい方向に作れれば、後半戦は快進撃、というようなことだってまだまだ期待できると思うし、そういうものを期待して応援したいところだよね。全試合、どんな時期も最高のゲームで勝ち続けることなんてできないんだから。

というようなことを悶々と考えながら、試合後は大阪駅からの夜行高速バスで帰ったのでした。家に朝7時過ぎくらいかな。

高速バス、久々だったけど、まあまあ眠れた。でもさすがに土曜からずっと出かけてた状態だったわけで、やっぱ疲れてはいる。

で、自分が移動で疲れるといつも、選手のコンディションだっていろいろあるんだろうから、動けてなくても「気持ちが入ってない!」とか言わないであげたいな、と思うんだよね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 2

菜七男

久々の更新を心待ちにしていました。
関西遠征お疲れ様でした。

小林悠はタスクが多いというか、背負ってるモノが過剰で見ていて気の毒になってきました。
背負うのは相手DFだけで十分じゃないかと。。
もう少しのびのびプレーしたほうが持ち味発揮出来ると思うのですが。

キタサンブラックは歴史的名馬の域に入りつつありますね。
春三冠引っさげて凱旋門賞となれば期待大ですね。

宝塚の日には吹田スタジアムでナイトゲームというフロンターレ&競馬好きには再びの神日程ですが、やはりハシゴですか!?
by 菜七男 (2017-05-02 21:37) 

軍土門隼夫

こんにちは。更新、もっと頻繁にしたいんですけどね。。。どうしても。

悠は、なんでもできちゃう嘉人とは別の良さが武器の選手なんだから、ということを、本人も周囲も監督もはっきり意識してほしいなあと思います。

ほんと、キャプテンになったばかりに、プレー内容や役割まで王様にならなきゃいけないと勘違いしてる部分は絶対あると思う。悠に点を取らせるためにチームはどうするかっていう、基本に立ち返ってほしいです。

宝塚記念とガンバ戦の日程、よく気づきましたね(笑)。
そうなんです、同日ナイターなのでまた行けるんです。っていうか宝塚記念はどのみち仕事なんで行くんですけど。

まあ、後泊するか、でもまた夜行バスかなあ。。。

by 軍土門隼夫 (2017-05-03 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。