So-net無料ブログ作成

ヴィクトリアマイルとジュビロ磐田戦 [日記]

5/14(日)は東京でヴィクトリアマイルが、そして遠く離れた磐田ヤマハスタジアムでは、フロンターレとジュビロのゲームが行われた。後者は15時キックオフ。残念ながら諦めるしかなかった。まあ何時キックオフだろうと無理なんだけど。

いや、朝7時キックオフくらいなら頑張って行って戻ってきた!

・・・かな? 逆に21時キックオフとかなら行った! かな?

ヴィクトリアマイル.JPG

いずれにせよ、アドマイヤリードの重賞初制覇でのG1勝ちを見て、いろいろ取材して、一段落した頃、遠く離れたヤマハスタジアムではほぼ試合が終わりかけていて、1-0で勝ってるのか、と思って間もなく、2-0になってゲームが終わったと知ったわけだった。

にしても、昔から思っているけど、須貝厩舎の牝馬って、テンションの高さが破綻寸前のギリギリのところでうまくとどまって、大舞台で100%か、もしかしたらそれ以上の力を発揮できることがよくあるような気がする。いつかゆっくり取材する機会があったらそのあたりについて訊いてみたいとは思ってるんだけど。

磐田戦の2点目は、アディショナルタイムにGKソンリョンからのロングフィードを1バウンドでそのまま長谷川がヘディングしたボールが、DFとの連携がうまくいかず飛び出していた相手GKカミンスキーの頭上を超えてゴールに入ったものだった。

すぐに思い出したのは、2013年のやっぱりヤマハでのジュビロ戦で、3-2で勝っている状態で迎えたアディショナルタイム寸前、GK杉山からのロングフィードが大きくバウンドして、相手DFがGKにバックパスしようと胸に当てたところを矢島がかっさらってそのままゴールしちゃった得点だった。

じつはあれも5月18日、ほとんど同じ時期のゲームだったのだ。ちなみにその日は土曜日で、翌日のG1はメイショウマンボの勝ったオークスだったわけだけど、そんな日程だったため、両方現場で見ることができた。土曜開催サイコー。

今年は、取材の後飲んで帰って、そのまま続けてちびちび飲みながら見逃し配信でまるっと観戦。いやあ、阿部ちゃんいいねえ。ほんとにいい選手だ。あの守備の意識と能力は現在の代表ではかなり好まれるものだと思うし、このまま得点感覚に優れたところを見せ続ければ、一気に代表入りなんて、ない話じゃないよコレ。

前にも書いたけど、シュート練習ひとつ見ても、必ずGKやDFのタイミングを外すような小さなフェイクを入れて打っていたり、ただシュートがうまいってだけじゃなく、ちょっと意識の高さは図抜けてる印象を受けた。こういうのは、三好あたりには本当に見習ってほしい。例えば大久保なんかは、足にボールが当たる感覚と実際のボールの軌道を、いつまでもいつまでも、何度も何度も確認していたりしたし。先輩から学ぶっていうのは、そういうところもなんだぜ、と言ってあげたい。

しかし、ハイネルを前半でスパッと諦めて下げて、入った長谷川が得点するとか。

武岡が最後はヘトヘトになっていたけど相変わらずの内転筋の強さを感じさせるキレのいいパスでビルドアップに攻撃に加わったりとか。

エドゥが最初に川又に入れ替わられたシーンだけはヤバかったけどむしろあれで危機感に火がついたのかその後は川又を執拗にマークしてシャットアウトしたりとか。

ネットが完全に大島の存在感を認めて良いコンビ関係を築けて、無理にへんな攻撃に出ず、いい意味でサボるようになって試合の最後まで体力と集中力が続くようになって、しかも突然のワンツーでの攻め上がりがよけい効果的になったりとか。

なんかチームがいい方向に回り始めているのをすごく感じる。極端な話、今は憲剛が90分ピッチにいなくても大丈夫なチーム状態になってると思う。最低限、本当に誰か一人というなら、大島さえいれば、というのは、フロンターレの今の向かう方向としては、正しいものだと思う。

ジュビロについて感想を書いておくと、守備は意思統一が図られた、すごく固いものだったと思う。ラインを上げてコンパクトにした3バックは、ちゃんとしっかりした形になってた。ボランチも人に強く来てたし。

弱点はやっぱりサイドで、櫻内と小川大貴というのは、やっぱりちょっと守備的というか、守備的ならまだいいんだけど、3バックでサイドがそういう人選だと、チームとしては後手に回りやすくなっちゃうと思う。欲を言えばあそこは前線からの守備の意識の高い、運動量に秀でていて、しかも個人でも打開できるドリブラーがいればいいんだけど、そんな人材いたらどこだって欲しいわけで。浦和の関根とかね。

そこが重くなっているせいで、攻撃は俊輔をパサーに、川又がターゲット、あとは松浦と川辺の飛び出し次第という形しかなくなって、つまりわりと単純な攻撃しかできなくなっていた。で、川又をマンマーク的に抑えられちゃうと、カウンターとセットプレー以外はかなり手詰まりになっちゃう。チームとしていいサッカーをしてるのは明白だけど、人材が少し足りないというか、フォーメーションに対して武器が少ないというか、そういう印象。小川航基と2トップってのも3バックだと少し採用しづらそうだし、監督としてはいろいろ悩ましいんだろうなあ。

まあ、そんな感じでこちらは次は鹿島戦。こういう微妙な平日アウェイこそ、我らフリーランスの力の見せどころ。力を見せるっていうか、茨城まで行きますってだけなんだけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。