So-net無料ブログ作成

FC東京戦とネット [川崎フロンターレ]

FC東京戦3.JPG

仕事しなくちゃいけないので、エンジンかかる前のアイドリングタイムを利用して、昨日思ったことをつらつらと。そうでもしないと、すぐに次のゲームがやってきちゃうからね。

磐田戦と続けて見て思ったのは、やっぱりフロンターレの押し込んでの遅攻に対して割り切った対策を取ってこられると厳しいな、という当たり前のこと。昨日のFC東京なんて、大島のところにぜんぜんプレッシャーが来なくて前向いてプレーし放題だったのに、それでもパスの受け手のところをしっかり締めて、そこからの連動もほぼ全部読まれていて、ビッグチャンスを作らせてもらえなかった。

思うに、中断期間のキャンプ後って、どうしてもそこでやったことを中心にやりがちで、きっとキャンプでは押し込んだ状態からの崩しを熱心にやったんだろうなあ。しかも、右からのやつ。そのせいで、攻撃はワンパターンになっていて、ワンパターンってことは、対策が簡単に、効果的にハマるってことで、そりゃ、ああなっちゃう。

FC東京戦1.JPG
FC東京戦2.JPG

FC東京は磐田と同じ、ハイラインの3バックでコンパクトに守ることをやりたがっていて、でも練度は低いのでオフサイドは取れないし、最終ラインのギャップはけっこう隙があるように見えた。なのにその裏を取れなかったのは、やっぱりフロンターレの攻撃が押し込むことが手段というより半ば目的になっていて、遅いから。

ラインが下がってベタ引きになる状態はFC東京としては避けたいんだろうけど、でも守備という意味では、その状態の時間がある程度あったことで破綻せずに済んだ、という見方もできると思う。攻撃でも、そんな状態からでも、長いボールをウタカが収めてそれを中島翔哉が受けてドリブルで運ぶ、という形はできていたわけだし。まあウタカは前からの守備、中島は中心でゲームをコントロールする意識の部分でそれぞれ弱点ははっきりあって悩ましいところではあるだろうけど、現状ではあの2人が相手としてはやっかいだった。

フロンターレがキャンプの成果にこだわりすぎて忘れていそうなことの一つは、前からの守備の部分だと思う。最終ラインへのプレッシャーからのマイボール→素早い切り替えによるショートカウンターというのが、武器としては完全に捨てられた状態になっている。このあたり、意識のバランスの偏りを早くなくさないと、いつまでも「対策」にハマり続けちゃうんじゃないかと心配。

バランスという意味では、左サイドも、あれいったいどうなってるんだ、というくらい攻撃面での怖さがなく、守備面では相変わらず車屋のクロスやハイボールへの弱さばっかりが目立っていた。車屋とノボリの連携みたいなものも、まったくないに等しいし。本当は、あのノボリのところには家長や長谷川や三好が入るべきなんだろうけど、それができていないのは、現在のフロンターレの弱点だと思う。

あとはネット。最もボールタッチの回数が多いネットのパフォーマンスがゲームに大きく影響するのは、当然のこと。個人的にはジェシのプレーを見ようとたまたま見たアバイー時代のプレーなんかから始まり、加入当初から期待してウォッチし続けていることで、なんだかネットについてはよき理解者のような気分にすらなってるんだけど、昨日思いついたのは、ネットはビハインドの状態だと悪い面が出がちになるのかな、ということだ。雑で、せっかちな面ってことだけど。

昨日も終盤、押しているときに中央でボールを持って、大島が左のワイドでフリーの車屋を使えと指示してるのに、まったく耳を貸すことなく枠外ミドルを打って攻撃を終わらせるシーンがあって、まさにああいうところなんだよな、と思った。

これはもう技術的なことなんかではまったくないわけで、そんなネットのメンタルのコントロールは、ある意味ではフロンターレの最大の課題かも。何しろいちばんボールを触る選手なんだから。

とはいえ、得点差のみならず、相手のプレーや味方の方針も含めた総合的なゲームの状況を理解して最適のプレーを選択するというのは、決してすぐできるような簡単なことじゃない。ネットがキャプテンマークを巻くチームじゃないというなら、小林悠が、大島が、谷口が、その点についてネットとコミュニケーションを取り、コントロールしなくちゃいけない。ここも、フロンターレがあと一段、「試合巧者」になって殻を破るためには絶対に必要なことなんじゃないかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。