So-net無料ブログ作成

ジュビロ磐田戦とヒデキ [川崎フロンターレ]

磐田戦1.JPG

豪雨の中、大敗しちゃった。でも、等々力のピッチは水たまりができたりもせず、緩くなった土が掘れて選手が滑って転ぶなんてこともなくて、そのあたりは素晴らしかったと思う。

時にレイト気味に来るハードなマークにエキサイトしすぎて、荒れ気味の、キレイなパスで攻め合う展開に持ち込ませてもらえなかったり。あるいは攻めても攻めても固いゴール前のブロックが崩せなかったり。後ろが準備していない状態で中央の低い位置での不用意なパスミスをかっさらわれたり。何より、少ないチャンスをほとんど全部得点に結び付けられるザルっぷりを露呈したり。いろいろと、フロンターレがいちばんイヤな種類のゲームになって、またそれがジュビロにはいちばん好きな、狙い通りのものだったりして、こうなるとそりゃ厳しいよね。

超個人的にポイントとしてあげたいのは、まず先制されたところ。エドゥは試合を通じて川又にマンマーク気味に行っていて、それはアウェイでやったときもそうだったんだけど、あそこは下がって受けた川又に食いついて、その裏のスペースに対して誰もカバーの意識を持てていないところに川又にはフリックされ、川辺に走り込まれてしまった。

エドゥのマークが少し中途半端になったのは、あそこでファールしたら中村俊輔のFKがあるというのが頭にあったのかもしれないけど。ともかくCBが釣り出された後ろのスペースのケアは、守備のコンビネーションの基本中の基本。谷口のカバーリングの意識を、川辺のランニングが上回ってしまった、というシーンだったと思う。

ああ、そういえば函館キャンプの最後の札幌大学との練習試合、試合は見ることはできていないけど、コメントで谷口が「ちょっと向こうがパワーを持って前線に走ってくるような感じだったので、怯んだところもありましたが」とか言っていたけど、つまりキャンプで取り組んでいた新しい守備が、そういう前へのランニングに弱い面があったりしたのかも、とも邪推できる。ともかく、ジュビロの守→攻の切替時のスプリントは、もしかしてカウンターでは現在のリーグで1、2を争うんじゃないかというくらい迫力があった。

もう一つは、右サイドの攻撃が封じられたところ。小林悠は相変わらず中央で下がってきてのポストプレーではあまり高いレベルのプレーはできていなくて、そうなるとやっぱり右サイドからの裏狙いの動きで違いを見せるしかない。ところが、ジュビロの宮崎が、エウシーニョも含めたフロンターレの右サイドへのパスを、ことごとく読んでカットしたり、裏を簡単に取らせないようにマークしてきていた。

宮崎は攻撃にはあまり積極的に絡んでいた印象はなくて、このタスクに集中していたと思う。だから攻撃は、必然的に逆サイドからになっていた。たぶんだけど、名波監督が試合後に「大きな声では言えないけど、もう一つフロンターレ対策を念入りに仕込んであった」みたいなことを言ったのが、これだったんじゃないかな、と秘かに思ってるんだけど。

最後はやっぱり、交代の失敗だ。鳥栖戦なんて交代で逆転したようなゲームだったのでこの一試合で鬼木采配をどうこう言うのは違うとは思うけど、このゲームに関しては、キャンプの成果の一つが「底上げ」だったはずという意味においても、ちょっと首をかしげるものだった。

リードして、ますますハードな守備、迫力あるカウンターに偏ってくるジュビロに対して、森谷は効果的なカードには見えなかった。押し込んでからも、ブロックの外で回さざるを得ない傾向を助長しちゃうし。ミドルを期待するなら、サイドがゴールライン際までいったん抉るとかして相手の最終ラインを下げてから中央へマイナスで戻すとか、チームとしての動きが大事なわけで。例えば森谷が浦和に強いのは、選手感の距離がやたらと遠くて、すぐボールホルダーに食いついてくる浦和の攻守が森谷の特長とマッチするからで、ここはちょっと違うんじゃないか。

ネットがわりと悪い面が出がちなゲームになっていたというのは同意するので、交代するなら、例えば田坂を右SBに入れてエウソンを一列前、憲剛をボランチとか。これはこれで守備面は怖いけど、どうせ向こうの宮崎はあまり攻撃してこないんだから、田坂にはボランチのヘルプもしてもらいつつ、攻撃は高い位置でエウソンにやってもらう。で、ノボリの交代は長谷川がそのまま左に入って裏を狙いまくって、真ん中は阿部、小林の2トップ。どうせ負けているゲームでリスクを冒して攻撃的にいくなら、こっちだったんじゃないかな、と思う。

家長は、もしかしてポゼッションして相手を押し込んで攻めるサッカー自体が、みんなが考える以上に苦手なんじゃないかな。逆に、カウンター主体のチームで中盤の高い位置でバランスを取ってゲームをコントロールすることに、驚くほど特化している選手なのかも、という気がする。

理由としては、ここからは完全に推測だけど、いろんなことを考える余裕があると、「相手にとって嫌なこと」じゃなく、「味方にとって助けになる」ことを優先してしまう回路が、これは子供の頃からというレベルで思考とメンタルに強く根付いていて、そういう面がゴールに向かう怖さをなくしてしまっている、という感じじゃないかと思う。

交代のこと考えていてあらためて思ったのが、ネットと大島の、ポジティヴな戦術的交代の選択肢がないこと。板倉に期待すべきところだけど、ベンチ入りしなけりゃ、いないのも同じ。獲得が決定した流経大の守田は、キャンプにも参加してたんだし、特別指定でこの夏から出せないもんか、とか思っちゃうくらい、ここは今のフロンターレが苦しい試合をひっくり返そうとするときにアキレス腱になるポジションだと思う。

でもまあ、多くの人が指摘しているように、0-1の惜敗も、2-5の大敗も、負けは負け。内容で完敗したから打ちひしがれがちになるけど、でもなんか、2点獲れてるってのは、救いじゃないかな、とも思う。このへんはフロンターレサポ的すぎる思考だとは思うけど、無得点で負けるよりは、まあいいんじゃないか。「最悪」ではないんじゃないか。点獲ってりゃ、次はどうにかなるんじゃないか。そんなふうに期待してるんで、次のFC東京戦も点獲ろうぜ、なっ。ってことで。

2017ヒデキ.JPG

でもこの試合で本当に深刻だったのは、ヒデキかもしれない。「フロン、ター、レッ」のコールもなければ、「磐田もよろしくな!」というホスピタリティも発揮できず。来年あたり、どうにかうまいこと未来に繋がる形でソフトランディングさせられるかどうか、これはプロモーション部のウデが問われるところだと思う。そちらも期待してるよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

『優駿』8月号とフロンターレのファン感 [日記]



取り急ぎ、7/25(火)発売の『優駿』8月号の告知から。宝塚記念のレポート、書かせてもらってます。キタサンブラックのあまりの大敗にレース直後はみんなうろたえてたけど、いい意味で原稿を書くまで、そしてそれが掲載されるまでにタイムラグのある月刊誌ならではという感じで、つとめて冷静に、でもその場の熱は伝わるように書いてます。

あとは、この時期ならではの北海道もの。種牡馬はブラックタイドと、エイシンヒカリ。生産牧場は桜花賞馬レーヌミノルのフジワラファームに、それぞれ取材に行かせてもらった。競馬ファンの誰もがこういう場所へホイホイと行けるわけじゃない。あらためてそう考えれば、こういうのは役得、という他に表現がないよね。いやあ楽しかった。また仕事としても、すごくいい取材ができて、いい記事になったと自画自賛できる仕上がり。ぜひご一読を。

で、話は大きく変わって、昨日のフロンターレの「ファン感」、行ってきました。ついに1万人超えとのことで、実際、人はすごく多かった。でも雲が多くて陽射しは可能な限りマイルドで、時々ちょっとだけ雨がパラつくって、この時期に行う野外イベントとしては考えうるベストじゃないかという気候。そりゃ暑かったけど、なんとか最後まで楽しむことができてよかった。

ファン感2017_1.JPG
ファン感2017_2.JPG
個人的に最も嬉しくなったシーンがこれ。大塚翔平、なかなかリラックスして楽しんでます。

ファン感2017_3.JPG
ブラジル人たちも終始、楽しそうで何よりだった。

ファン感2017_4.JPG
阿部ちゃん人気はすさまじくて、列がどこでどうなってるのかすらわからないくらい。

ファン感2017_5.JPG
いつもクールなソンリョンも、なんとなくテンション何割かアップしてたと思う。

ファン感2017_6.JPG
話題の、いちいち最後は立って握手する家長。実際、ほんとにそうだった。ちょうど見ているとき、ブースの横を通りながら「イエさま~!」って声をかけた女の人がいて、思わずそっちを見て笑ってたけど、そんな呼び方が存在するとは僕も寡聞にして知らなかった。なんか一休さんの「上さま」みたい。

ファン感2017_7.JPG
舞行龍も元気に参加。

ファン感2017_8.JPG
森本は1日通してテンション高かったと思う。こういうの、きっと大好きなんだと思う。

ファン感2017_9.JPG
たっぴー、かしわやの広島焼きの横でサイン。

ファン感2017_10.JPG
最後に一応サプライズっぽく登場したSHISHAMOだけど、最初から場内をあちこち移動しながら楽しんでました。

ファン感2017_11.JPG
最後のライブもよかったけど、こっちのチアダンス、あの谷口が終わってまともにしゃべれないくらい息が上がってて、マジですごい迫力。奈良もマジなダンスだったし、何より大塚翔平。最高だね。

ファン感2017_12.JPG

ちょうどここ1ヵ月くらいは仕事でバタバタしてて、神戸戦とか浦和戦とか前半戦の総評的なこととか、載せるタイミングがないまま、あっという間に後半戦も目の前に迫ってたりして。

函館キャンプが非常に充実した内容だったとのウワサは、たぶんそのまま素直に受け取っていいもので、かなり期待できると予想してるので、早くゲームを見たいって気持ち。夏バテしないよう、頑張っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 

セレクトセール2017 [競馬]

セレクト1.JPG

7/10(月)~7/11(火)の2日間、北海道、苫小牧市のノーザンホースパークで行われたセレクトセールに行ってきた。


セレクト2.JPG

メディア関係者でも毎年行ってるような人もいるけど、僕は数年ぶり。前日、9日から北海道入りして、購買者さんたちが牧場で上場馬を下見するのに混ぜてもらったので、都合丸3日間行ってたわけだけど、いやあ、くたびれた。見るもの、会う人、みんな面白くて刺激的なので、気が休まるヒマがないんだもん。いやあ、楽しかった。

セレクト3.JPG

ふだん競馬場なんかでは、パドック見るときとマークシート塗るときとレース後に検量室前へ行くときのピンポイントな瞬間以外は、可能な限り気を休めて生きていきたい! 本当はできれば気を休めたまま馬券を当て、人と話し、サラサラっとメモしてあとは飲みに行きたい! と秘かに思っている者にとっては、過酷とも言える状況だった。

セレクト4.JPG

今回はもちろん取材、ではあるんだけど、『優駿』とかではなく、社台グループの会報誌「Thoroughbred」に記事を書かせていただく予定。でもすぐにはとても無理なので、しばらく気を休めたらがんばって書き始めます。

セレクト5.JPG

ちなみに最後の写真が、今回のセールで特大の話題を振りまいたDMM.comの野本巧さん。新しい一口馬主クラブ、って言っていいのかな、たぶん違う呼び方を定着させて、違う層にリーチさせていきたいんじゃないかなと思われる「新しい取り組み」についての説明が囲み会見の中で始まって、というかどんどん質問が飛んじゃって、いつまでも会見が終わらなかった。ちょっと異例というか、異様な雰囲気にもなってた。

ほんと、どうなるんだろうねコレ。なんて純朴ないち競馬ファンの感想レベルのことしか言えないのもどうなのよと自分でも思うけど、でもまあ、いまのところはそんな感じ。『ダビスタ』と違って、本物の馬はここからデビューするまで、リアルな生き物としての時間がかかる。そんな間に、何がどう動いて、変わって、そして決められていくのかなんて、DMMの人たちにとってもそうだけど、馬のプロたちにだって予見なんてできない。

というか、「予見ができない」ことが競馬の最大の魅力なんだから。

と、なんだかいかにもそれっぽいけどじつはそんなに中身のないことがバッチリ言えたところで、いろいろ溜めちゃった仕事にとりかかります。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





nice!(2)  コメント(0)