So-net無料ブログ作成
検索選択

セレクトセールと「ザルソバの2017」 [競馬]

ちょっと前の話になっちゃうけど、7月の10日(月)、11日(火)に苫小牧市のノーザンホースパークで行われたセレクトセールに取材で行った。で、その中で出会った、ちょっとしたことなんだけど、なんだか妙に印象深かった話をひとつ。

セール前日の金曜日、翌日に上場される馬を馬主さんたちが牧場へ下見に行くのに同行したんだけど、そこでなんだか気になってしょうがない馬がいた。社台ファームの当歳馬(今春、生まれたばかりのまだ数ヶ月の仔馬のことね)で、「ザルソバの2017」という馬だ。ちなみに「ザルソバ」は母馬の名前で、「2017」は生まれ年。基本的にサラブレッドは1年に1頭しか仔を産まないので、こうすることで馬名が付けられていない馬を呼び分けているわけだ。

気になったのは、その馬の父が、今年初めての産駒が生まれたスピルバーグだったからだった。

馬を見る目なんてぜんぜんないし、見分けられたとしてもせいぜい競馬場で走っている馬たちくらい。仔馬のうちに「うむ、こいつはきっとダービーを勝てる!」なんて言えたらいいけど、そんなことできるわけない。それでもやっぱり、競馬場で見ていた馬が父や母になって、どんな仔を出すのかはすごく興味があるのだ。ちなみにスピルバーグは初年度に101頭に種付けしているから、産駒はそれなりにいる。でも今回のセレクトセールに上場されているのは、この1頭だけだった。僕は、「どれどれ」という気持ちで、この「ザルソバの2017」を見てみたのだった。

ちなみに(「ちなみに」ばっかりだな)母のザルソバは、アメリカで生まれ、フランスで走った後、母になるべく輸入された馬。なんだけど、馬主は現役時代から社台ファームの吉田照哉さんで、だからこういう名前を付けられたのも、まあ納得できる。父がザルカヴァなんかを出しているザミンダーという種牡馬で、そこからの連想なんだろうけど、それにしても気になる名前ではある。機会があったらこのへんの命名については伺ってみたいところだね。

目の前で見たスピルバーグの初年度産駒は、僕的に、すごくスピルバーグの仔っぽくて、なんだか嬉しくなってしまうくらいだった。

2014年天皇賞・秋を制したスピルバーグは、前脚にすごく特徴のある馬だった。脚先の「繋」の部分がすごく長くて、そこが「びよん びよん」という感じでクッション性の高さを感じさせる、独特な動きを見せていた。パドックで歩くのを見ていても、あ、これスピルバーグだ、とすぐにわかった。

下は、種牡馬入り後の、社台スタリオンステーションでの映像だけど、たぶんこれだけでも、その独特な前脚の作りと脚の運びは伝わるんじゃないかな、と思う。トウカイテイオーの後脚とか、脚が曲がっているせいでガニ股になっちゃうハーツクライとか、特徴的な歩き方をする馬はたまにいるけど、間違いなくそんな1頭だ。



そして「ザルソバの2017」が、このスピルバーグそっくりの前脚と歩き方をしていたのだ。もちろん、だからといってこの馬が天皇賞を勝てる器だとかそういう話ではまったくないんだけど、それでもやっぱり、嬉しくなるなというのは無理な話だった。だって、そうじゃないですか?

「ザルソバの2017」が上場されたのは、この2日後、火曜日だった。当歳馬セッションが行われるこの日は、セール開始2時間前から、林の中に200頭以上の全馬をずらっと並べる比較展示が行われる。こんな感じだ。

2日目_当歳下見.JPG

セールでは1頭ずつ見ることしかできないので、購買する馬主さんにとっては、最終判断を下すための貴重な時間だ。僕も北海道の朝の気持ちいい空気の中、キタサンブラックの弟とか、2日前に見ることができなかった馬を見たり、知り合いの牧場関係者に挨拶をしに行ったり、うろうろしながら楽しんでいた。

それでもやっぱり気になっていたのは、「ザルソバの2017」だった。別にもう一度見たからといってどうにかなるわけではないけど、なんとなく気になる。行ってみると、相変わらずスピルバーグそっくりの前脚の出し方で歩いている。いいなあ、嬉しいなあ、と思いながら見ていると、そこに誰かがやってきた。購買のための下見の馬主さんではなかった。

それは、北村宏司騎手だったのだ。スピルバーグにはデビューした頃の調教からずっと携わり、2014年秋、ついに天皇賞馬となった際にも手綱を取っていた同騎手が会見で見せた、自分の8年ぶりのG1勝ちなんてことより、とにかくこの才能がありながら体質の弱さから出世の遅れた相棒の勝利を心から喜んでいる感じは、今もすごくよく覚えている。

馬が売られ、購入される場であるセレクトセールは、馬主や生産者、調教師が一同に集結することで、年に一度の盛大な社交場のような機能も担っている。騎手も、基本的には来なくてはいけない用事はないのだが、たくさんやって来る。今年もたくさんいた。武豊もいたし蛯名正義もいた。福永祐一も川田将雅もいたし、横山典弘も見かけた。列挙なんてしきれないくらいいた。

でも、基本的にはみんな関係者との交流が目的で、朝の展示に来る騎手はあんまりいない。僕がびっくりして挨拶すると、北村騎手は僕と、馬を引いている担当者に、スピルバーグの仔が出てるって聞いたから、会いに来たんですよ、と言って笑った。

2日目_当歳下見ザルソバと北村.JPG

この仔、前脚なんてスピルバーグにすごく似てると思うんだけど。そんなようなことを言うと、北村騎手は、ああ、そういうのより、とにかく顔を見たくて来たんですよ、と言った。そして、おお、可愛いな、よしよし、などと言いながら何度も仔馬の首を抱いた。

これは密かな持論なんだけど、人間とサラブレッドの、その人生、馬生のサイクルが異なっていることは、その異なり方も含め、間違いなく競馬というスポーツの奇妙な魅力の、大きな部分を占めていると思う。

馬は生まれて2年で「選手」となり、そこから3、4年、どんなに長くても6、7年で競技を終える。そこから種牡馬となり、繁殖牝馬となり、種付けして1年でまた仔が生まれる。人間に比べれば短いサイクルだけど、でもそのサイクルが1つ、2つと終わるのを眺めていると、僕たち人間の方も、いつの間にかそれなりに人生における時間が過ぎていることに気づく。成長したり、苦しくなっていたり、あるいはタイミングによっては激変していたり。

競馬だけじゃない。プロスポーツの世界にはそれぞれ「競技年齢」があって、例えばサッカー選手は、三浦知良みたいな特殊な例は別として、普通は10年から20年くらいで次の世代に入れ替わっていく。相撲もそんなもんだろうか。野球は、もう少し長い印象かな。ともかく、観戦する者の人生よりも「選手」の人生のサイクルは微妙に短く、それが長期的なスポーツ観戦の楽しみを生み出している面はある。そんな中でも、競馬のサイクルは特別に、そして例外的に短い。

人間と人間の関係では、同じように時間が過ぎていく。でも、馬と人間は違う。1頭の馬は、1人の人間の、ある限定された一時期をともに歩み、去っていく。そしてまた僕たちは、次の世代の馬たちと、ある限定された一時期をともに歩む。その繰り返しが、つまり人間と競馬の関係の本質なんだと思う。たぶん、僕が血統の話が好きなのも、そういうところに根があるんじゃないだろうか。

「ザルソバの2017」は、「トーセン」の冠でも知られる島川隆哉さんの(株)ジャパンヘルスサミットに、4900万円(税別)という高値で購買された。けっこう激しい競り合いが続いた末の落札で、自分の馬でもないのに、おお、人気者じゃん、と意味なく嬉しくなったしりて。順調に行けば、デビューは2019年。楽しみに待ちたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

セレクトセール2017 [競馬]

セレクト1.JPG

7/10(月)~7/11(火)の2日間、北海道、苫小牧市のノーザンホースパークで行われたセレクトセールに行ってきた。


セレクト2.JPG

メディア関係者でも毎年行ってるような人もいるけど、僕は数年ぶり。前日、9日から北海道入りして、購買者さんたちが牧場で上場馬を下見するのに混ぜてもらったので、都合丸3日間行ってたわけだけど、いやあ、くたびれた。見るもの、会う人、みんな面白くて刺激的なので、気が休まるヒマがないんだもん。いやあ、楽しかった。

セレクト3.JPG

ふだん競馬場なんかでは、パドック見るときとマークシート塗るときとレース後に検量室前へ行くときのピンポイントな瞬間以外は、可能な限り気を休めて生きていきたい! 本当はできれば気を休めたまま馬券を当て、人と話し、サラサラっとメモしてあとは飲みに行きたい! と秘かに思っている者にとっては、過酷とも言える状況だった。

セレクト4.JPG

今回はもちろん取材、ではあるんだけど、『優駿』とかではなく、社台グループの会報誌「Thoroughbred」に記事を書かせていただく予定。でもすぐにはとても無理なので、しばらく気を休めたらがんばって書き始めます。

セレクト5.JPG

ちなみに最後の写真が、今回のセールで特大の話題を振りまいたDMM.comの野本巧さん。新しい一口馬主クラブ、って言っていいのかな、たぶん違う呼び方を定着させて、違う層にリーチさせていきたいんじゃないかなと思われる「新しい取り組み」についての説明が囲み会見の中で始まって、というかどんどん質問が飛んじゃって、いつまでも会見が終わらなかった。ちょっと異例というか、異様な雰囲気にもなってた。

ほんと、どうなるんだろうねコレ。なんて純朴ないち競馬ファンの感想レベルのことしか言えないのもどうなのよと自分でも思うけど、でもまあ、いまのところはそんな感じ。『ダビスタ』と違って、本物の馬はここからデビューするまで、リアルな生き物としての時間がかかる。そんな間に、何がどう動いて、変わって、そして決められていくのかなんて、DMMの人たちにとってもそうだけど、馬のプロたちにだって予見なんてできない。

というか、「予見ができない」ことが競馬の最大の魅力なんだから。

と、なんだかいかにもそれっぽいけどじつはそんなに中身のないことがバッチリ言えたところで、いろいろ溜めちゃった仕事にとりかかります。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

種牡馬展示会いくつか見てきた [競馬]

火曜から水曜にかけて、日高方面で、種牡馬展示会をいくつか見てきた。

アジアエクスプレス.JPG

北海道はちょうど天気の良い期間で、よく晴れてたし、比較的あったかかった。まあ昼間で3℃くらいで、ちょっとでも風が吹くと体感温度は簡単に氷点下で、あくまでも「比較的」なんだけど、でも底冷えするような寒さで外に何十分も立っていられないよー、ということもよくあるので、そういうのに比べれば大丈夫だった。まさに比較的。

写真は優駿スタリオンステーションのアジアエクスプレス。この馬、ダントツでインパクトを感じた。トモの筋肉量とかすごくて、でも背中も長くて短距離馬という感じじゃなくて、何より動きが柔らかくて。見てた人たちがみんな口々に、いいね、すごいねって言ってて、事務局の人によると、もう基本的には満口なのに、展示会直後に頼むよ、付けさせてよっていう申し出が多くて困ったというくらいだったとか。そういう話を聞くと、種牡馬展示会って大事なんだなあ、やっぱり買い物って実物を見てするもんだよなあ、とつくづく思う。

新種牡馬といえばホッコータルマエもいた。ついこないだまで現役だったということもあって、まだ目つきの鋭さとかピリピリした仕草なんか現役時と同じで、なんか大井のパドックで見ていたときと同じ。まだ懐かしくなるほど時間も経ってないんだよね。

キングカメハメハの後継はとにかく続々と種牡馬入りしていて、門別のブリーダーズスタリオンステーションなんて、新種牡馬3頭のうち2頭がラブリーデイ、リオンディーズとキンカメの子。ラブリーデイは、現役時のオーナーだった金子真人さんが来場していてマイクを持って紹介とアピールをしていた。またその様子が、今日はすごく良い天気だけど、まさにこういう日のことをラブリーデイって言うんですね、みたいな感じで、とにかく嬉しそうというかゴキゲンな様子が印象的だったなあ。

ブラックタイド.JPG

新種牡馬じゃないけど、ブリーダーズSSで印象に残ったのがブラックタイドだった。決してキタサンブラックが走ってるからというんじゃなくて、あらためていい馬だった、マジで。

あとは、ジャングルポケットを久々に見て、ああ、やっぱりこの馬というか、トニービンの系統の馬体って好きだなあと思った。何を隠そう、ごく私的馬体も込みで好きな馬ランキング栄光の第一位はロイスアンドロイスだったりするし。勝ちきれない馬で、放牧先で腸捻転で死んじゃったけど、無事に種牡馬入りしてたら絶対いい種牡馬になれたと思うんだよなあ。

トーセンジョーダンもそんな流れを汲む馬体で、この日久しぶりに見て、やっぱりこれも好きだなあと思った。

ディスクリートキャット.JPG

あと、ダーレージャパンスタリオンコンプレックスでディスクリートキャットも見た。写真はちょい斜め後ろからになっちゃったけど、いい馬だったなあ。続けて出てきたパイロあたりとは全然別のタイプで、こっちはいかにも中距離を走れそうな感じ。ここまではパッとしてないけど、たぶんアメリカで成功するには少し線が細いからなのかなあ、という印象。そういうタイプって逆にすごく日本向きな可能性があるので、これはある程度やれる気がする。血統にミスプロもヘイルトゥリーズンも入ってないってのも面白いし。

というか、いつも思うけど、種牡馬を見るのって単純に楽しい。すごく楽しい。見た後、飲みに行って感想を語り合ったりとか、超楽しいんだよねえ。他にも社台とかJBBAとかアローとかレックスとかイーストとか、片っ端から見に行けたらサイコーなんだけどね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

西武池袋の「フランス競馬」展と顕彰馬ジェンティルドンナの展示 [競馬]

珍しく告知っぽい感じのことを。

池袋の西武百貨店、正式には「西武」だけみたいだけど、その西武池袋本店で、「フランス競馬 華麗なる社交の世界」っていう展示が行われてます。今日、9/13(火)から9/20(火)まで。正確な場所は、別館2階のギャラリーです。入場は無料。

展示は、今度の10/2の凱旋門賞にマカヒキが出走することを受けて、フランス競馬の歴史を日本馬の活躍を軸に紹介する、といった感じのもの。写真と文章のパネルで紹介されていて、僕はこの文章の一部を手伝っています。

競馬写真家の草分けでフランスにもずいぶん撮りに行っていた故・今井壽恵さんの写真も見られるし、競馬とは直接関係ないけど、「モディスト 石田欧子氏によるオートモードの世界 帽子コレクション展示販売」といういかにもデパートらしい企画も。お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。

9/11(日)は凱旋門賞の前哨戦がシャンティイで行われたけど、ニエル賞、ヴェルメイユ賞、フォワ賞と3つとも少頭数で、レベル的にはちょっと本番の参考にはなりにくかったかな。賞金のかかった公開調教といった感じで。

シャンティイのパドックは4、5年前にリニューアルされた新しいもので、個人的には味気ない、殺風景な感じだなあと思っていたりして。大井みたい、というと語弊があるというか大井は味気ないのか!と言われそうだけど、いやパドックは味気ないでしょそりゃ。というかパドックに味がある競馬場なんてそうないわけで、外国の競馬場に行く楽しみはそういうところに異様に味があったりするからというのもあるわけで、そういう意味で、シャンティイのパドックはつまんないと思う。

マカヒキは勝てそうなの? というのはあと2週間くらいするといろんな人に訊かれそうだけど、どうだろうね。ニエル賞が小差の勝利だったこと自体はそんなに問題視はしなくていいと思うけど、単純に、力量を測る物差しになるような馬と対戦できなかったという意味で、他の路線から来る強豪に勝てそうかどうか、判断つかないよ、という答えが正確なところだと思う。

ただ、マカヒキ自身は馬場やコースを無難にこなせたし、ぴったり折り合える強みが異国の地でも出せたことはすごく心強い。本番はいきなり他頭数で馬群の固まった中を走るわけでそこはやっぱり心配だけど、ルメールはシャンティイすごく上手いと思うので、まあ大丈夫かな。となれば、ぜんぜん歯が立たず大敗、ということは考えにくいと思う。見ていて楽しめる勝負はしてくれるんじゃないかな。

そんで、告知をもう一つ。

多大な功績を讃えられる「顕彰馬」に、今年はジェンティルドンナが選ばれた。この後、競馬場ではパネル展示が行われるわけだけど、その展示パネルの文章を書かせてもらってます。記名原稿で、そういうつもりで書いてます。

展示場所は東京競馬場と京都競馬場。期間は10/8(土)~11/27(日)とちょっと先だけど、開催中ずっとなので、近くにお立ち寄りの際はぜひ。いや競馬場はさすがにそうそう近くには立ち寄らないか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

『優駿』9月号とモーリス [競馬]



『優駿』9月号が発売になってます。昨日、8/25(木)か。

今月書かせてもらってるのは、秋競馬の見どころ特集の、秋華賞路線と天皇賞・秋路線。後者にはモーリスについての囲み記事も別途書いたんだけど、これ、札幌記念の1週間くらい前に校了しなくちゃいけなくて、そう思って読んでもらえると、ほのかに札幌記念は危ないかもよ、距離、長いかもよというニュアンスを、下品にならないように込めようと努力した跡が見えないこともないなと思ってくれる人もいないとも限らないともいえるというか、もう何を言ってるかよくわかんなくなったのでこのへんで。

自分の記事じゃないけど、沢田康文くんが書いた、フランスで開業する日本人調教師、小林智さんのドキュメントは、すごく丁寧ないい記事になってるのでオススメ。というか、そうか、沢田くん自身が「フランスで開業する日本人ライター」で、そう考えるとまたさらにそこはかとなく味があるような気がしないこともないと感じないこともない人がいないとも限らないというか、もう何を言ってるかよくわかんなくなったのでこのへんで。

先述の通りってほどちゃんと言ってないけど、先週末は札幌記念前後を含めて北海道に行っていた。

札幌1.JPG
札幌2.JPG
札幌4.JPG
札幌3.JPG

モーリスの敗因は、個人的には「距離」だと思う。安田記念時よりいいんじゃないかと思うほどの仕上がりで、パドックから返し馬でも騎手と馬の呼吸はぴったり合っていて、それで道中はあの引っ張りっきりの手応えで、最後の直線は思いのほか弾けなかったということは、やっぱり本質的にもっと短い距離、もっと速いペースで流れるレースが合う馬ということなんだと思う。

とはいえ、馬は学習する生き物なので、こういう経験が糧になって、次はびっくりするほど折り合って最後はすごい脚を使うということはあると言えないこともないとは限らないわけで、以下略。

8/22の月曜は日高地方を奥の方まで行ってきたけど、帰りの飛行機は近づく台風の影響で欠航とかある中、すり抜けるようになんとか飛んで、でも30分とか平気で遅れてヒヤヒヤしたけど、翌日、日高地方がとんでもない雨で道路が寸断されてたりするのを見て、そういう致命的な事態を本当にギリギリですり抜けて帰ってくることができたんだなと実感した。現地の人たちも、こんなに台風が来るなんて今年はちょっと異常だよ、と困り顔だったなあ。

話は変わるけど、そんなわけで、浦和戦は見に行けなかった。こういう熱い試合を見られなかったのはめちゃくちゃ残念。で、今週末の柏戦も、外せない用があって参戦できず。どうしよう、6-0とかすんごい勝ち方しちゃったりしたら。。。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬