So-net無料ブログ作成
検索選択
川崎フロンターレ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

ACL水原三星戦 [川崎フロンターレ]

水原三星戦1.JPG

ついにシーズン開幕。いろいろ思ったこと書いたりしたいんだけど、仕事が詰まってたりして、時間ないので簡単に。

水原三星戦2.JPG

今年は麻生でフルコートの練習試合もやらなかったし、プレシーズンマッチもなかった。なので、新戦力を含めた今年のフロンターレのサッカーがどんな感じなのかをちゃんと見るのはこれが本当の初めて。1-1という結果からは、組織というようりは一人ひとりの守備意識の高さ以外に、そんなにポジティヴなものは出てきにくかったりするんだろうけど、でもまあ、これシーズン初戦なんだし。ここからいろいろ変わっていければいいんじゃないかな。

と言いつつ、思い出したのは2014年初戦のACL貴州人和戦。1-0で勝ったんだけど、なんかしょっぱい試合で、この先大丈夫かな、と思ったもんだ。チームはあのあと、推測だけど攻撃的じゃないことに危機感を覚えて修正して、そんで得点は取れるようになったんだけどしばらくは守備が崩壊。数試合そんな感じが続いてから、ようやくちょうどいいバランスを見出して戦績が安定していった。ここからのマネージメント、速さも含めて非常に大事だと思うので、鬼木監督には最大限の集中力を期待したいところ。

水原三星戦3.JPG

水原三星は、守備から入るチームという印象。タイトな守備からのショートカウンターが得意そうで、逆にいえば攻撃のバリエーションはそんなにない感じ。ユンジョンファン時代の鳥栖みたいな。セットプレーは仕掛けを持ってそうで怖かったけど、そのへん、ソンリョンがいろいろ知っていて対応しているように見えた。

水原三星戦4.JPG

ほんとに、この結果というか内容を受けてのここからどう変化していくかに注目したいんだけど、具体的に一つだけ。

ネットは、ボールの受け方を覚えてフィットしたのはいいんだけど、本質的にせっかちな選手なので、フリーでボールを持つと、まず持ちすぎて、そしてそこからいきなり攻撃のスイッチを入れようとする。というかしすぎる。去年の後半からずっとそうで、端的な言い方をすれば、ネットにボールが渡ると、そこでフロンターレの攻撃は終わる。で、どう終わるかというと、ネットが縦にパスを入れてそれがそのまま得点につながったことはほぼ皆無で、たいていは失敗して相手ボールになってカウンターを受けている。これ、分析担当の二階堂コーチなら数字で示して指摘できると思うんだけどなあ。自チームの分析はしないのかな。

憲剛に代わってネットのチームにするというならそれでいいんだけど、志向しているのはそれじゃないはず。前線の選手もそのあたり、ネットからのパスで攻撃が始まって相手ゴールに迫るイメージを特に持ててはいないので、なんかよくわからないままなんとなく攻撃が始まる感じになってる。

でも、個人的に見たいってのも含めて、攻撃のタクトを振って、スイッチを入れるのは大島なんだというチームにしていくべきだと思う。要するに、大島とネットのダブルボランチの関係がはっきりしていない、最適解が見つけられていない、周囲の選手も正解がわかっていない、という感じがする。去年の終盤に大島が不在だったりしたことを差し引いても、ここはチーム作りの遅れをいちばん感じる、ヤバいところじゃないかな。

ピッチ上のマネジメントにはまったく詳しくないのでわかんないけど、例えば(あくまでも例えばだよ)、マイボール時はネットは大島より後ろでビルドアップに参加しつつ、中央の守備のリスク管理を優先させる。相手ボール時は大島より前で積極的なボール奪取に出てよし、みたいなルールを設定するとか。あるいはもっとあからさまに、大島にボールを集めてそこから縦パスや裏へのパスで攻撃を終わらせる形を作る練習を集中してやるとか。なんか手を打った方がいいと思う。

というのも含めて、左サイドが何らかの意図を感じるような攻撃がまったくできていないとか、やっぱりサイドだけど、苦しい時間帯にCK取って効率的に流れを引き寄せるようなプレーがぜんぜんないとか、そりゃあ傍から見てればいろいろ言いたくはなるけど、でもまあ基本的にはここからどんどん変わっていくことを期待できるチームなんだから、そこを見ていきたいな、とは思う。

というわけで大宮戦に行けるように仕事がんばります。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0) 

2017年フロンターレ新チャント [川崎フロンターレ]

共同通信杯、取材に行きたかったけど、今日は家で仕事。

仕事と言いながら、フロンターレの応援団の人たちが作った2017年新加入選手のチャントを覚えるために原曲と並べて聴いてみたりして、どうせならそれらを繋げて自分用ファイルを作って覚えようとかやってるうちに腹が減ってきて、いまサンドイッチ食べたのでこれでやっと仕事始めるんじゃないかな。



例によって完全に自分用に作ったものだけど、ちょっとでも誰かの役に立てばってことでリンク貼っておきます。

っていうか、全部ちゃんと覚えられるかなあ。。。いろいろ入った歌詞だといつまでもうろ覚えになっちゃって、難しい箇所はモゴモゴってなるんだよねえ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

麻生で練習見た [川崎フロンターレ]

麻生.JPG

決してヒマなわけじゃないんだよ。でも我慢できなくて、麻生に練習見に行っちゃった。だって阿部とか家長、見たかったんだもん。

ナマで選手が蹴っているのを見るのは、天皇杯決勝以来、ちょうど1ヵ月ぶり。やっぱいいもんだね。細かい内容を書くのはアレなんで自重するけど、新加入選手を中心に感想を。あくまで半日見ただけの、フルコートのゲームでもなんでもない中での個人的な感想なので、その程度のものということでなにとぞよしなに。

家長はテクニック的な上手さというより、サッカー選手としての総合的な上手さみたいなものを感じた。格が一枚上というか。ボールを使った練習って、ただ見ていてもその目的とか、特に何がテーマになっているのかは意外とわかりにくかったりするけど、家長を見ていると、それがよくわかる。なんでかっていうと、やろうとすることがいちばんできているから。ああなるほど、攻撃側はボールを失った直後に切り替えて奪い返すプレスのところまでやってるんだな、とか。

阿部は、アジリティも含めた運動能力の高さ、体のキレというかバネみたいなものをすごく感じさせる選手だと思った。あと、全体練習後のシュート練習をずっと見ていたんだけど、シュートは本当に上手い。右もパンチはあるけど、左足のコントロールは絶品。必ずGKのタイミングを外すような小さなフェイクが入るあたりは、そうどこにでもいる選手じゃないな、と思わせるものがあった。三好なんかは、そういうところをどんどん盗んでほしいなあと思うんだけど。

あと、なんというか、とにかく笑顔がかわいい(笑)。練習後のファンサを見ていても自然な感じでニコニコ楽しそうにしていて、これには一発で応援したくなった。

ハイネルは思った以上に身体は小さくて、細かった。アジリティはかなりありそうで、イメージとしては以前ガンバにいたリンスみたいだな、と思った。ミニゲームでは細かいワンツーでガンガン前に仕掛けてたけど、でもまあ適性やポジションはこれから判断してく感じなのかな。

舞行龍は、コーチングとか、想像してた以上に日本語がたどたどしかった。レギュラーを掴むには、試合中のというより、練習で他の選手との互いの理解を深めていくコミュニケーションが鍵になってくるような気がする。ただ、すげえ気合い入った感じが伝わってくる谷口はさておき、井川もいい感じで練習できているように見えるので、奈良とエドゥが遅れてはいるけど、CBはとりあえずなんとかなるんじゃないかな。

どんな選手かまったく知らなかったので興味津々だったけど、知念はヒロキが言ってた通りの、いい選手だなあと思った。両足ともコンパクトなモーションから速い振りで強いボールを蹴ることができて、こういうのは天性のものだよなと思う。今のところ典型的な1トップタイプに見えて、そこってルーキーがいきなりポジションを掴んだり結果を出したりするのはすごくたいへんな場所だけど、いやあ、期待したいなあ。

ジェフは、狭いエリアでの練習ではボールタッチの正確さが課題になっていそうな感じ。ただ、時折見せる走力はさすが。田中碧は、ボールを受けてからの判断が遅い場面があったり、まだチーム内で自分の良さをアピールする道を探しているところ、という感じ。ポープはコーチングの声もよく出てたし、ミニゲームは速い飛び出しからのセービングとかあって、いい感じ。なんだかんだ言って191cmのサイズは遠目にも大きさが際立つね。

以前からいる選手では、ノボリが元気だった。自分のやれること、ストロングポイントが整理されていて、それにフィジカルがついてきてる感じ。対面のエウソンが捕まえきれなくて後ろから手を使うようなシーンがけっこうあったりして。

悠もキャプテンらしく明るく元気。プレーも、本当に以前よりも一段、逞しさが上がって力強くなってる。

憲剛はいつも練習中は寡黙に集中して自分の世界に入るタイプだけど、よりそんな感じが強まった印象。ミニゲームでも、憲剛が絡んで何人かで仕掛けてゴールに向かうときの速さと迫力は、おお、って声が出る。そのあたりは本当にさすが。

大島は、トラップといい、持ったときの落ち着きといい、視野の広さといい、パスの鋭さといい、なんかもう1人だけレベルが違う感じに見えた。今年はリーグの試合を観た万人にそのことを知らしめるための1年になるような気がするなあ。あ、パスといえば、ネットのパススピードの鬼のような速さも相変わらずでした(笑)。

あと、個人的に注目してる大塚。去年ゲームに出ていたときも、ボールをよく受けるし、受けたら前向くし、球離れはいいし、見るのが楽しい選手だと思っていたけど、今もあの感じで練習できているように見える。期待できるんじゃないかなあ。他には、板倉の出足のいい守備も目に付いた。

うーん、1人ひとりに触れだすとキリがない。練習試合とか見たいけど、沖縄はさすがにねえ。DAZN中継してくれないかなあ。まだ入ってないけど。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

2017新体制発表会とか [川崎フロンターレ]

毎年、1月はなんだかよくわからないけどバタバタするんだよねえ。

というわけで気づけばもう23日。昨日はフロンターレの2017新体制発表会に行ってきた。

新体制発表会1.JPG

「貫禄」と「親しみやすさ」って基本的には反対のもののような気がするけど、ごくまれに、それを両方同時に感じさせる人がいる。で、そういう人がいわゆる「大物」ってやつなんだと思う。家長は、まさにそんな感じだった。

別に他のクラブと比べてどうというんじゃなくて、たまたまにせよなんにせよ、フロンターレを応援して試合や練習やその他いろいろを見ていると、こういう「大物」の明らかに普通じゃない技や、あるいは人物そのものを間近で見て感嘆できるわけで、こういうのってすごくラッキーなことだなあと思う。

大宮時代の家長のプレーは、じつは個人的にはそんなに強く印象に残ってはいない。3年前だっけ、春にホームで大逆転劇を食らったときの、ゴール前での落ち着きは尋常じゃない凄みがあったけど、たいていはゲーム自体をフロンターレが支配する形になっていたし、最近では横谷や江坂、泉澤なんかの元気さの印象が強い展開が多かった。J2時代も含めて、大宮の試合をフルで見る機会も、よく考えてみるとなかったかも。たまたまなんだけど。

というわけで、左に張るのかな、とか、1.5列目っぽくゴール前でプレーするのかなとか、まずはそういう先入観なく見てみたいな、という気持ち。めちゃくちゃ楽しみだなあ。

ハイネルはプレー集の動画を見る限りは、わりと低い位置で受けて、そこからいわゆる「水を運ぶ」役割からラストパスまでに絡む、セントラルプレーヤーって印象。ドリブルとスピードは自信あるっぽいので、フロンターレではそれをスペースのあるサイドでレナト的に活かしていく方向に転向させるのか、それともジュニーニョっぽく、あくまで前でゴールに絡む仕事をさせるのか。そのへんも楽しみ。右利きっぽいので、左に張るのはなさそうな気がしていて、レナトがいなくなって以来長らく欠けていたそこは、今年は三好がメインで入り続けるのかな。

新体制発表会2.JPG
ちなみに今年は、炎を中心に光のパフォーマンスがすごかったけど、1年前にインドのムンバイで行われたアジア競馬会議を思い出した。あんときは、こういうのが次から次へと1時間も2時間も続いたよなあ。

新体制発表会3.JPG
新体制発表会4.JPG
ロッテとのスポンサーシップは、びっくり。お菓子配ったりとか、こういうの子供は喜ぶぞー。

あとサプライズで村田兆治が来て、ナマのマサカリを見られたのは何気にアガった。夢中で見ていて写真撮り忘れたくらい。

1988年10月19日のロッテと近鉄のダブルヘッダー、いわゆる「10.19」が、いまだにその日になると聖地巡礼的に旧川崎球場、現富士通スタジアム川崎に人が集まるような存在であり続けているという話は、知らなかったので本当にびっくりした。

ここで書いたことあるかもしれないけど、何を隠そうあの日、当時学生だった僕も川崎球場にいたのだ。僕は近鉄ファンで、最初はそういう気があったわけじゃなかったけど、家にいるとなんだかだんだん、いてもたってもいられなくなり、思い切って一人で出かけたのだ。

球場に着いたのは1試合目の半ばくらいだったんだけど、2試合目の終わり頃になると、入口の柵のところに群衆が押し寄せていた。もう満員だったのでチケットは売っていないんだけど、とにかく中に入れろと大騒ぎ。僕もイニングの合間にその様子を見に行ったりした。最後はもう誰にも制止しきれなくなって、みんな雪崩のように中に入ってきたと思う。で、満員電車のようになった外野席スタンドで、近鉄が優勝を逃す瞬間を見ていた。もう記憶の細部は曖昧で、日記でもなんでも、書いて記録しておけばよかったなあと心から思うけど。

新体制発表会5.JPG
今年は、そりゃタイトル獲得のシーンは見たいけど、選手が楽しく、やりがいを感じながらサッカーをしていることが伝わってくるような試合を見せてくれるという部分は、引き続き失わないようにしてほしいなと思う。

「勝つサッカー」と「魅せるサッカー」の二項対立みたいな話は、その議論の有用性も含めてサポにとっては永遠の議題だけど、少なくとも、ただたんに勝ちゃあいいんだよ的なサッカーが究極のモデルとしてあるとして、そういうものだけを目指すゲームが続くと、実際に勝ってるときはいいけど、いざ負けが込んだときに、これってやってる方も見てる方も最高につまんないんじゃないか、みたいな気分になるんじゃないかと思う。

そういうときに、心の拠り所というか、どういうサッカーに立ち返るかというものが強くあるかどうかは、少なくとも応援するチームが試合に負けてもべつに死ぬわけじゃないし、倍のチケット代を請求されるわけでもないサポにとっては、案外大きいと思う。

まあつまり、たくさんゲームに勝つ瞬間を味わわせてくれることも含めて、今年も楽しませてね、期待してるよ、という話なんだけど。

というようなことを伝えに、というわけじゃないけど、1/16の月曜は、選手の商店会挨拶回りを見に行った。

商店会挨拶.JPG

行ったのは柿生で、ジェフと長谷川が来てた。

フロンターレは、右サイドは武岡の怪我もあってたっぴーとエウソンがなんとなく協力して埋めてる感じがあって、その分、左サイドはまあいまんとこ車屋がいるから安泰だよね、みたいな空気はあると思う。

でも個人的には、昨シーズンの秋以降の車屋のパフォーマンスは、少なくとも優勝を狙うチームのレベルには微妙に達していないんじゃないかな、と思ってる。攻撃面でゴールに繋がるようなプレーが減っているのもそうだし、何より守備面では、3バックの左としてはクロスへの対人守備が弱すぎて、ちょっと危なっかしすぎる。ジェフはサイズやフィジカルでは上回っているわけだし、これがポジション争いできる存在になれば、車屋にとっても最高に良い刺激になるんじゃないかと思う。そういう意味で、けっこう大きく期待してる。

ついでに、フロンターレ展に行ったことも、さらっと。

フロンターレ展1.JPG
フロンターレ展2.JPG
フロンターレ展3.JPG

行ったのは1月の最初で、憲剛のMVPのトロフィーとか、まだ飾られてなかったよ。。。シン・ゴジラのフィギュアじゃなくてなんていうんだ? あのでかいやつ。すごかった。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

2017年元日に [川崎フロンターレ]

あけましておめでとうございます。旧年中もいろんな人に仲良くしてもらって、あっという間に、楽しく1年を終えることができました。ほんとにありがたいことです。

みなさん、今年もよろしくお願いします。

という気分にようやくゆっくりと浸れた、1月2日の夕方。いやあ、昨日はなんというか、怒涛の1日だった。

天皇杯1.JPG
天皇杯2.JPG

快晴の大阪、吹田スタジアム。選手と同じで、いつもテレビで見ていた舞台に自分が当事者的にいるっていうのが、なんか不思議な感じだった。「賀正」のコレオはスポーツニュースでずいぶん流されたみたいだけど、当然、あの中にいたので、完成図を見たのは家に帰ってきてからだった。

天皇杯3.JPG
天皇杯4.JPG

結末に、例えばこれがタイトル獲得経験のあるチームとそうじゃないチームの差だとか、あるいは守備から入るスタイルとそうじゃないスタイルの差だとかの理由を探すことはそりゃできるんだけど、でももう、そのへんは長いシーズンを、しかも何年も戦っている中で幾度も自問されてきたことで、そういうのも全部ひっくるめて、飲み込んで、そんで今のチームを応援しているんだということを考えれば、もはやあんまり言ってもしょうがないことなのかな、とも思う。

ぜんぜん勝負にならず、自分たちのやりたいプレーがさせてもらえないまま負けてしまわなかったことは、救いではあるとは思うけど、でもまあ一発勝負の決勝で、そういう「表現」ができるかどうかと、できていても勝てなければ意味はゼロだという考え方もそりゃあるとも思う。僕は前者で、素晴らしい舞台で思い切りサッカーができた選手たちに、お疲れさま、よかったよ、と言ってあげたいな、と思う。

天皇杯6.JPG

選手ひとりひとりについても同じ。シーズン中は、継続的な成長を見守る楽しみもあるから、今日はこいつのここが良かった、逆にあいつのあそこは課題だよなあとか、そういうことを考えたりするのもこちらの楽しみの一つだけど、このゲームに関しては、もうお疲れさま、よくがんばった、と言うしかないかな、と思ってる。

天皇杯5.JPG

でもひとりだけ。嘉人には、本当に、ありがとうと言いたい。フロンターレに来てからの4年間であげたゴールは、リーグ戦だけで82、その他カップ戦などでもたくさんのゴールを、しかもそのほとんどをライブで見せてもらえて、本当に楽しかった。得難い体験だった。やっぱりなんだかんだ言って、ゴールシーンってのはサッカーにおける最高のカタルシスの瞬間なのだ。ストレス解消、みたいな言い方はちょっと陳腐でアレだけど、でもそういう方向の意味で、僕の人生にも多大な「善きもの」を注いでくれた。

繰り返すけど、本当に楽しかったよ。ありがとう。

天皇杯7.JPG

サポ仲間が現地で待機列に並んでるときに言ってたけど、年末年始に一気に試合が集中するこの天皇杯で決勝まで進むと、1年のサイクルの中でこんなこと今までやったことないという違和感がとんでもない。ガンバとか鹿島のサポってのは、毎年のようにこれをやってるんだね、なんかすごいね、としみじみ思ったわけだ。

チームってのは毎年新陳代謝していくものだけど、2017年のフロンターレは、いろいろと激変する部分も多い。その、最後の瞬間がここまで引っ張られたことで、なんだか試合後は天皇杯がどうというのとはまた別の、チームの解団式に同席しているような気分になった。正直、涙が出ていた。

で、なんだか茫然としながらスタジアムを出て、宿を取っているわけでもないので新大阪まで戻って、途中の千里中央で乗り換えのため歩いたときに、町が正月であることに初めて気づいた(来るときは早朝だったのであんまり実感なかったのだ)りして、疲れてはいたけど腹も減ったし、軽くチェックしておいた店でなんか食って帰るか、ということになったのだが、これが数年に一度の大当たりの店だったのだった。

紅白1.JPG

行ったのは、新大阪駅のアルデ新大阪という飲食店街にある「赤白」というお店。フレンチバルともワインバーとも紹介されていることがあるけど、いちばんぴったりだと思ったのは「フレンチおでん」というジャンル。いやいや、超絶うまかった。

店は狭くて、カウンターのみ。行列もできていて、1組待った。でも、1月1日だよ。普段はもっと、とんでもない行列になるらしい。

紅白2.JPG紅白3.JPG
紅白4.JPG紅白5.JPG

名物の「コンソメで柔らかく炊いた大根のポルチーニ風 クリームソース掛け」は来てすぐ食べちゃったので写真はないけど、衝撃のうまさ。「コンニャクの肉味噌ボロネーゼとチェダーチーズ」とか、「丸ごとトマトのあっさりコンソメ煮 ジェノヴェーゼソース」とか、「フォアグラ入りラヴィオリ トリュフ風味のクリームソース」とか、ちょっとすごそうでしょ。

しかもこういうのが、180円とか390円とか、そういう感じで一品ずつ頼めるのだ。すごい辛口だけど酸味もある、味の濃いシャンパンとかちびちび飲みながら次から次へと頼んで食べてると、ものすごい幸せな気持ちになる。接客も自然体で気持ちいい。もうここに行けるってだけで、来年のセレッソ戦やガンバ戦の遠征が楽しみになる。そのくらい、大発見な気分になった。

帰りの新幹線もほとんど落ちるような感じだったけど、深夜にようやく家に帰ってきて風呂に入ると、もう完全に電池切れだった。すぐさまベッドに潜り込んで、泥のように眠った。起きたら、エドゥやネットの完全移籍とかのお知らせが来ていた。

1日遅れで、新しい年が始まった。そんな気がした。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(2) 
前の5件 | 次の5件 川崎フロンターレ ブログトップ