So-net無料ブログ作成

柏戦とヴィクトリアマイル [日記]

柏1.JPG
例によって土曜は日立台でレイソル戦、日曜は東京競馬場でヴィクトリアマイルという、芝生のハシゴ酒。いや日曜の酒は仕事後ですよ一応。

土曜はとにかく暑かった。最高気温は25℃くらい、ゲームの公式記録では23.6℃ってことになってるけど、いやそれなんかの間違いだよってくらい暑かった。日が陰ると急に一瞬、涼しい感じになってたから気温自体はそんなもんだったんだろうけど、直射日光の破壊力はマジですごかった。

で、勝敗を分けたのは、まさにその暑さだったと、2日経って冷静になってみて、思うようになった。一昨日? 冷静になんてなれるわけないじゃん。絶叫したのなんのって。サイコーだった。

柏2.JPG
後から考えれば考えるほど、先制して、あとは中を固めて守りながらカウンターやセットプレーを狙うという柏の戦い方は、フロンターレにとってマズいものだった。最近やられているパターンをそのままなぞりかけていた。

FC東京あたりと違っていたのは、レイソルのブロックを組む守備の練度や強度が、あまり高くなかったこと。セットプレーの弱さが、フロンターレ以上にレイソルにとっては弱点の一つだったことだった。

そして、あの暑さだ。レイソルはただでさえ後半、足が止まる悪癖があって、ブロックの外でひたすらボールを繋ぐだけでも、スライドで疲弊し、憲剛がうまくクリスティアーノを引きつけ、戻らせて守備をさせることで攻撃陣もみるみる疲れていった。

とはいえ、レイソルの足が止まってボールを握りたい放題ではあるけれど、ブロックの中へ勝負のパスはなかなか入れられず、結果的にもそういう形のシュートチャンスはほぼなくて、得点はミドルと左右の大きな揺さぶりからのアーリークロスだったわけで。見ている時には残り時間との戦いという感じで、ヒヤヒヤした。これ、最後まで崩せず引き分けで終わったら、押し込みまくっていただけに完全に勝ち点2を逃した感じになっちゃうぞ、と思って応援していた。

それが最後の最後に得点の形になったのは、守らされているレイソルの消耗を早めた暑さ、直射日光のえげつなさが、やっぱり影響しているんじゃないかな、と思う。

風間サッカー以降のフロンターレの、毎年のスタートダッシュの鈍さは、どのチームもシーズン最初は体力に溢れ、最初は理想として掲げがちな前線からの激しい守備からのショートカウンターってのをがむしゃらにやってくることで、パスを繋いでビルドアップしていこうとするフロンターレにとっては苦しい展開になりやすかったからだと思っていて、だからいつも本領を発揮しだすのは暑くなってきてから、他のチームが怪我人なんかが出て、選手のコンディションが揃わなくなってきてからだったんじゃないかな、と思ってきた。

だからこのレイソル戦は、いよいよフロンターレのシーズンがやって来た、という象徴的な試合だったのかもしれない。そういう意味、鬼木監督が、このゲームがターニングポイントだったと後から言えるようなゲームにしようと言ったのとはまたちょっと違う意味だけど、ターニングポイントになるのかな、と思う。

柏3.JPG
にしても、いやあ、交代で入った若い選手の活躍っていうのは、こんなにも希望をもたらすものなのかと、あらためて驚いちゃう。ラルフは、あのプレーの前にも後ろからのパスを受けて即、前を向いて仕掛けたプレーが最初にあって、あの時点からもう期待しかなかった。応援するでしょ、そりゃ。

長谷川も、左サイドから縦に行くと見せかけて切り替えして、右足でアーリー気味のクロスというのは、やっぱりあのプレーの前にも1本あった。クロスは他の選手も狙っていたけど、けっこうレイソルの小池とかが頑張って、その頭を超えられないシーンも多かったけど、トライが最後に実を結んだ格好。というか、クロスの攻撃ってもの自体、そういうとこあるしね。

長谷川は、ああいうロングボールのクロスというのは決して得意なプレーじゃないはず。典型的なウイングプレーヤーの、縦に行って外側の足でクロスを上げるプレーはなかなかうまくいかなくて苦労していたようだったけど、たぶん今回の形は「自分のプレー」の範囲内なんだと思う。チームとしても長谷川としても、一つ、武器が見つかったという気がする。

あとは、入ってすぐくらいに何度かバイタルを横切るようなドリブルをしていて、ああいうプレーはブロックを崩すのに有効だし、例えば学なんかにはこういうのをどんどんトライしてほしいんだよな、と思った。フィットの形を探るという意味でも、みんないろいろ、練習からやってほしいと思う。「これがフロンターレの形だから」みたいに凝り固まらずに。

レイソルは、そんなわけで一応、理屈としては狙い通りといえば狙い通りの展開だったんだと思う。でもやっぱり、ブロック敷いて守り切るという、もともと得意じゃなかったり練習が足りていなかったりする形を、スカウティングに基づくとそういう答えだからというだけでいきなりゲームでやろうとするのは、こうしてうまくいかなかったときのダメージという意味で、リスキーなんだろうな。

憲剛も、自分の知っている、ボールに激しく来るレイソルじゃなかった、というようなことを言ってるけど、確かにそうだよな、と思う。個人的に妙に印象深いのは、ネルシーニョが監督をやっていた頃、ジョルジ・ワグネルが、自分に課せられたマンマークの仕事(誰のマークだったのかは忘れちゃった)を、相手の選手がどこへ動いても、ボールがラインを割ってプレーが途切れてもなお、執拗な集中力で続けていたのを目の前で見たこと。

監督に外国人を呼ぶのは、そんなふうに、外国人選手や、日本人でも特に中心の大物選手に、泥臭い仕事でも真剣にやらせやすくなるという意味もあるんじゃないかな、とはその頃から思うようになった。

レイソルで言えば、吉田達磨とか今回の下平とか、そういうタイプはユースから見てきた若手を動かして勢いをもたらすことができても、ちょっと歯車が狂いだしたときに、それ以外の選手の部分でテコ入れがしにくいんだろうな、と思う。

そう考えると、鬼木の仕事のたいへんさのうち、普段は見えない部分にも思いを馳せちゃうし、憲剛を中心に、フロンターレの選手たちのパーソナリティの素晴らしさ、選手間の仲の良さが、ものすごく大きな意味を持っているんだろうな、とも思わずにはいられなくなる。マッチデープログラムで、下田だったかな、どのチームに行ってもあの選手とあの選手はぎくしゃく、みたいなのが一つはあるものだけど、ここには本当にそういうのがなくて驚いた、みたいなことを言ってたし。

惜しむらくは、ようやくそんな「暑い」シーズンが始まる頃に、中断期間になっちゃうこと。でも再開後はいきなりもっと暑いわけだしね。

で、翌日の東京競馬場は、これは一転、蒸してはいたけど涼しく、そして雨まで降ってくる天候となった。

ヴィクトリアマイル.JPG
土曜と日曜の天気がもし逆だったら、いろいろ細かく影響もしたんだろうな、とは思う。それが屋外の、芝の上でやるスポーツというものだ。いや、芝は関係ないか。

ヴィクトリアマイルについては、「軸はリスグラシューで鉄板、相手中心はレッドアヴァンセとミスパンテール、穴はジュールポレールとデアレガーロ」という見立てがほぼ完璧だったのに、なぜか獲れていないという痛恨の展開。こういうの悔しいなあ。

予想が合っていても結果が伴わないこともあるのは、サッカーも競馬も同じ。どちらでも、あらゆる立場からそこは永遠の課題だったりする。

と、無理やり結びつけたところで、このへんで。清水戦はオークスと重なって行けない。みなさん、今年前半最後のデーゲーム、というより最後のゲームか。選手にとっては気温以上に暑くなるだろうし、応援よろしくです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:競馬

FC東京戦と毒舌と焼肉 [川崎フロンターレ]

せっかくこのゲームのために仕事を頑張って終わらせたのに。

もう、とっとと風呂入って寝たいので、ざざざーっと雑にいきます。「雑」宣言。宣言すれば許されるのかという話ではあるけど。

東京戦4.JPG

まず、なんかいきなりターンオーバーしてきたけど、これはどこをどう考えても浦和戦でやるべきことだった。FC東京のドン引き長谷川健太サッカーでは、ドリブラーの学はスペースがなくて仕事ができない。入れるなら、バイタルを横切るようなドリブルをさせるべきだったけど、そういう指示も特になさそうで、相手は8人でブロック組んでるのに、普通にその外側でタッチライン際をドリブルしたりしてた。なんだかなあ。1手遅いし、その遅く打った手もズレていた、という感じ。

知念は、確かに前半はパッとしなかったけど、それでも中央でDFを引きつけておくことはできていた。斜めに真ん中に入っていく動きなんかも、悪くなかった。後半はこれを得点に結びつけてくれよ、と思っていたら、いきなりアウト。いや、あそこは憲剛を入れるなら、嘉人アウトでしょう。

結果、嘉人が1トップに入った後半は、ゴールへの脅威がまったくなくなっちゃった。裏を狙う動きも皆無になったし、前線からのプレスも、向こうのディエゴ オリヴェイラや永井と比べると雲泥の差。それもあって、ボールを奪ってからの速いカウンターというのは、完全にゼロになった。ここまでカウンターのないサッカーって、ちょっとおかしい。そんでアーリークロス気味に武岡あたりが放り込んでも、なにしろ知念を下げちゃってるんだから。もうチグハグ極まりない。あとはもう、ひたすらチマチマしたパス回しをするだけだった。

東京戦1.JPG
唐突だが、この日はロッテのいろんなイベントがあった。ただ「お菓子撒き」は、どんなふうにやるんだろうと興味深く見ていたら、特別な工夫はなにもなし。1F最前列付近のお客さんにだけちょろっと撒いていて、スタジアムのほとんどの観客はポカーン。企画倒れ以前に、どんな企画が実施されたのかすら、大部分の人が認識できないレベルだった。お粗末だと思う。

東京戦2.JPG
ずいぶん前から大々的に予告していたお菓子の家。というワードから想像するには、あまりにも企画倒れ感の強いデキだった。このへん、もう眠いし、なにしろゲームがひどかったので不機嫌なため、毒舌です。

東京戦3.JPG
なんかHUBが作ってたFC東京カラーのノンアル飲料。かき氷のシロップの味がした。というかその味しかしなかった。何度も言いますが毒舌です。

東京戦5.JPG
この日のゲームは、一言、つまらなかった。負けるのはしょうがないけど、つまらないのはちょっとな、と思う。

つまらなくなったのは、長谷川健太サッカーというのはつまらないもので、見事にそのペースにハメられたから。これ、健太サッカーをディスってるんじゃないよ。むしろ誉めてる。いや、サッカーはそこまで誉めてないけど、ハメたことは最大限に誉めたい、というべきか。

健太サッカーは、基本的にはリアクション。相手にボールを持たせ、それを前線からプレスして奪ってショートカウンター。あ、ファストブレイクだっけ。まあいいや。で、ボールを奪えなければ、引いてブロックを組む。ドン引きってやつだ。

自分たちがボールを持ったら、とにかくサイドに流れた2トップへロングボール。そこでゴリゴリとキープしてもらい、CKやスローインを取ったら、ようやく大勢で守るのをやめて何人かが上がっていく。そういうサッカーだ。ガンバで三冠を取った時も、基本的にはそうだった。サポたちも、勝ってるときはいいけど、これで勝てなくなると最高につまらない、そんなサッカーとガンバのサッカーを評していた。

そんな「つまらないサッカー」のペースにいちばん弱いのがフロンターレのサッカー。そして、そういうシーンは2016年までにずーっと見てきた。それは風間サッカーの最大の特徴だった。元に戻ってるよ、悪いとこだけ。

大島については、今日、ようやく考えがまとまった。個人の技術なんかについては、当然、文句なんてない。でも「ゲームメイク」の面で、いつもなにか物足りなさを感じていたんだけど、それが少しわかった気がする。たぶん大島の中では、相手のやり方を見てこちらがどんなサッカーをしていくかは見ているけど、それはあくまで、ボールを保持してパスを回し、能動的に戦うためには、という目的になっている。

憲剛もよくそんなふうにゲームをやりながら相手の穴を見つけようとするけど、それは最後にはゴールに迫るための道筋の発見だったりする。大島に足りない「ゲームメイク」の感覚というのは、そこだと思う。

というか、この僕が大島にまで毒舌攻撃したくなっちゃうというのは、けっこう重症だぜ、と思う。帰りは「ヤケ肉」と題して焼き肉をヤケ食いしてきたので、そのうち癒えるといいんだけど。癒えないとただの散財だし。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:競馬

浦和戦の緊迫と金箔 [川崎フロンターレ]

浦和戦2.JPG
GWなんてなんのその。いや言葉の使い方ちょっと間違ってるか。

なにぶんGWなんて関係なく、仕事がバタついてるので、簡単に。

浦和戦は、いやあ、いろいろひどい試合になった。ソンリョン退場の奈良GKというのは、そんな中で選手にもサポにもやぶれかぶれな一体感を醸し出して、それはそれで面白い体験だったとは思うけど、でも大事なリーグ戦の34試合の中の1つということでは、自ら無駄にしてしまうようなゲームだったと思う。

多くの人もそう感じてるみたいだけど、そもそも神戸戦から嘉人→憲剛以外の先発メンバーが同じという時点で、いやそれはまずいだろ、という感触はあった。

鹿島戦から続く中3日&中2日の超連戦で、FP10人中7人がずっと先発というのは、前にも書いたかもしれないけど、強化部の補強も含めた編成の失敗を自分で認めてるようなもの。ACL蔚山戦の先発メンバーで、その後の4連戦で先発のチャンスがもらえたのは一人もなし。途中出場でわずかに長谷川と学だけなんだから。

特に阿部ちゃんと家長、ネットは、このゲームか、そうじゃなければどこかで思い切って休ませておくべきだった。この日の攻撃面の停滞は阿部ちゃんと家長の重さからくる運動量とスピードの不足、ミスの多さ。守備面の破綻は、ネットのメンタルも含めての電池切れがいちばん大きいと思う。今から考えれば、電池は神戸戦の前半で切れていた。守備面は、奈良も完全に穴になってたけど。

もちろんシステム的な相性もたぶんあって、3-3-2-2相手に内容が悪いというのは、3バックで中を固められて、ウイングバックがエウソンと車屋にマンマークで付くことでそこからボールが前に行かず、必ず戻すハメになっていて、それで攻撃が遅れてブロックを作られること。そして2トップのプレスで、特に奈良のビルドアップの拙さが狙い目になっちゃうから。フロンターレの優位は、落ちてきたネット、ダブルボランチ、トップ下の中盤で、比較的自由にボールを回せるところくらいしかなくなっちゃう。

これをいちばん手っ取り早く打ち破るには、サイドを力づくで制圧して突破するか、ドリブラーがかき回して、ガンガンPAに迫るか。浦和のディフェンスはドリブラーに大勢で群がる習性があってそのへんは変わってないみたいだったし。

あとはこっちも2トップにして、自分たちのサッカーではないけど、時間をかけずに前に起点を作ること。このくらいなんだけど、エウソンと車屋は、同じくサイドの前の阿部ちゃん、家長とともに「4連戦ずっと先発7人衆」メンバーでヘロヘロだし、ドリブラーはいない。学を入れるなら、先発だったよなあ、と思う。そして、嘉人を入れて2トップにはしたけど、なんか入って間もなく、もうバテてる始末。裏にも全然走れてない。2トップにするなら、その狙いを考えても知念だったと思う。

という具合に、いちいち選手起用に「理」がなくて、ぜんぶ根性と、いつものメンバーの連携でなんとかしろ的な感じが、このゲームの緊迫が前半20分くらいまでで終わってしまい、あとは別の意味の緊迫を呼び寄せてしまった要因だと思う。

浦和戦1.JPG
緊迫、いや、金箔といえば、金のカブレラのグッズ、よく売れてた。スプーン買っちゃった。

浦和戦3.JPG
FPがGKを務めたので思い出すのは、2013年にJ2で福岡の城後がGKを務めたこと。解説者だったかな、城後は身体能力が高いですからねとか言ってて、いやいや身体能力だけじゃ困るだろと思っていたら、けっこうしのいでいた。異様に緊迫した時間が続いていたけど、でもATの最後の最後にやられて同点に追いつかれて、試合は終わった。それを考えれば、まさか浦和相手に1人少ない状況で20分以上も無失点でしのぐとは。

奈良を抜擢したのは鬼木監督によると「普段の雰囲気から」だという。どんな雰囲気だよ(笑)。

いずれにせよ、これでまた中2日でFC東京戦。鬼木監督がどんなマネジメントを見せるのか、みんなめちゃくちゃ注目してるところだと思う。実績も大事だけど、雰囲気もどんどん重視していいんじゃないのかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

関西3泊4日で神戸戦と天皇賞・春 [日記]

いやー、さすがに疲れた。

そもそも、4/26(木)に日帰りで関西の牧場取材が入って、その時点で3日後の京都の天皇賞・春のためにまた日帰り往復するのはしんどいなあ、でもしょうがないよなと思って新幹線を取っておいたら、4/27(金)にも栗東での取材が入った。

おお、これは1泊のみならず2泊すれば、4/28(土)の神戸でのアウェイ戦が見られるじゃないか! もともと諦めてたのに!

いやいや、2泊のみならず3泊すれば、そのまま天皇賞まで取材に行ける! 戻って、また行く分の、往復の新幹線代も浮くぞ。こりゃいいや!

というわけで、関西3泊4日、牧場→栗東→神戸ノエスタでサッカー→天皇賞・春というスケジュールで動くことになったわけだけど、さすがに疲れたなあ。

安宿だったから疲れたというよりは、やっぱりシンプルに、布団と枕のクオリティが低いと疲れが取れずにたまっていく。おまけに、取材した側からどっかwifiあるとこを見つけてテープ起こしをして、原稿に仕上げて、メールで編集者に送ってとかやってると、やっぱり疲れる。

あと、一人だとどうしても食べ物が適当になっちゃう。牛丼食って、あとはコンビニでビールとつまみ多めに買ってホテルで酔っ払って寝ちゃう、みたいな感じになることが多くなる。これが誰かといっしょだと、なんか面白いもん食いに行こうぜ、とかなるんだけど、なぜか一人じゃそれ、やらない。昔、一人暮らしは長かったはずなんけど、いったい何をどんな気持ちで食ってたんだっけオレ? と自分で疑問になるくらい。

そんなわけで、最初の2日は頑張った。で、土曜は晴れ晴れした気分で神戸まで行った。

神戸戦2.JPG
ノエスタは、ハイブリッド芝になってピッチ状態はめちゃくちゃ綺麗だった。スプリンクラーですげえ水撒いてて、そのせいなのか、それとも芝自体がそういうものなのか、けっこう選手は敵味方関係なく滑ってた。

神戸戦1.JPG
練習開始前には、米山コーチが一人でピッチに出てきてボールを軽く蹴りながら一周していて、芝の感じを念入りに確かめていた。やっぱまだ珍しいというか、興味深いものなんだな、というのが伝わってきた。

神戸戦3.JPG
ゲームは、早めに先制できたことでやっぱり楽になったと思う。さすがに日程が詰まっていて身体は重そうで、前半の終わり頃から明らかに両チームとも足が止まってた。

悠の決勝ゴールは、まさに目の前で見た。いやあ、いいねえ、こういうのをナマで見るのは。大島からすげえ強いパスが入った瞬間、それだけで心拍数が上がったのが自分でもわかって、その直後のターンとゴール。DFもよく滑ってきていて、なのにまさかニアを抜くとは。ストライカーだねえ。あとでコメント読んだらトーキックだったとか。

あのターンもどうやってやったのか、後でハイライトで映像みたら、なんかよくわからん複雑なボールタッチでターンしてて、あんなことできるのかとびっくりした。

この日は嘉人が、明らかに憲剛の代わりにトップ下でゲームを作るぞという意識が伝わってくるようなプレーをしていて、それ自体は賛否あって、ゴール前で得点を狙うべきという意見だってあるだろうけど、個人的にはこの方向で腹を決めるべきだと思っている。

そのことで、チーム全体でも、鹿島戦までにあった、結局最後は誰がパスを出して誰がゴールを狙うのを基本線にするのかが悪い意味で曖昧だったところがますます整理されてはっきりしていた。要するに最後は悠がゴールを狙えるようにするのがチームのファーストチョイスだというだけの話なんだけど。これはいい方向の整理のされ方だと思う。

何より、嘉人が先発したゲームで今季初勝利を挙げられたのはすごく大きい。よかった。

神戸戦4.JPG
あとすごかったのは、前半のネット。最近、ネットいいねえ。これも、なにかプレーでやっていいことと良くないことが整理できているように見える。

神戸は、縦にコンパクト、横にワイドなパスサッカーということで、仙台なんかと同じ方向性の狙いに見えた。細かくポストを繰り返すボールの運び方なんか、まさにそんな感じ。

ただ、そういう練習してきたことをやろうとしすぎて、ちょっと意外性のあるプレーが少なすぎる気もした。ポドルスキも、ここで受けて前を向いたらイヤだなと思うところでも簡単にはたいてしまうし、ワイドに開いた場所で受けた選手も、相手を振り回しただけで満足して、すぐ下げてしまう。あそこでスペースをドリブルで仕掛ける選択肢も見せないと、こっちとしてはちっとも怖くない。要するに、中盤がチマチマしがちで、推進力が足りていなかった。

でも、これはこういう難度の高いサッカーをやろうとするチームは、特に最初のうちは陥りがちな状態だと思う。我慢しながら続けていくうちに、実戦の中で抽象的な戦術とはまた別の、具体的でオリジナルなゴールへの道筋みたいなものが生まれてくる。そういうものだと思う。

神戸戦5.JPG
しかし遠方アウェイを見に行って勝つっていうのは、なんかこう格別だよね。いやあ、行ってよかった。

春天1.JPG
で、翌日は京都で天皇賞・春。とにかくすごい快晴で、すごい暑さで、すごい人出だった。

春天2.JPG
とにかくすごい人。

春天3.JPG
すごい人。

天皇賞については、また別途、どこかで詳しく。

メンバーが薄くてなんか頂点を争うレースって感じがしないよなとか思っていたはずなのに、終わってみれば純粋にいいレースだったな、というポジティブな感覚と、レインボーラインのレース後のアクシデントで、なんだか気持ちが中途半端なままその日が終わってしまったというヘンな感覚とが入り混じった、あまり経験のない「読後感」のレースだった。でも、こういうのこそ、ああ、現場に見に行っていてよかったのかもな、と思えるわけで。

ってなわけで、さすがに疲れて最後はフラフラで帰り着きましたとさ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:競馬

鹿島戦と怪我 [川崎フロンターレ]

鹿島戦4-1の大勝、決して得点差がついたからというんじゃなく、なんというか、見ていて楽しくて、気持ちの入りまくる、ものすごくいいゲームができた。そしてそれは間違いなく、3日前のACL蔚山戦があったからからこそ実現されたものなんだろうな、と、ゲームを見ているだけで強く確信できるものだった。

鹿島戦1.JPG
試合前は、小宮山の引退の挨拶があった。コミ、本当に大好きな選手だった。怪我がなければ今ごろは代表入り争いくらいしていた選手だと思う。

人生をかけてサッカーをやっているプロサッカー選手にとって、怪我というのはあまりにも簡単にその人の人生を大きく狂わせてしまうものなんだと、熱心に応援するほどに実感させられる。なんて脆いものなんだろうと思うのは、じつは競走馬も同じだったりする。

選手や馬をゲームの「駒」として見ることは別に悪いことではないし、そうしている分には、怪我というのはそのゲームの要素の一つでしかない。ただ、競馬もサッカーも、自分からその深い部分に触ろうと手を伸ばしながら見ている人にとっては、やっぱりそれは仕方ないとわかってはいても、やるせない気持ちにさせられるものではあると思う。コミには、お疲れさま、ありがとうと、心から言いたい。

鹿島戦2.JPG
で、鹿島戦なわけだ。

言いたいことはたくさんありすぎるけど、いちばん思っているのは、このゲームは、ACL蔚山戦のBチームのサッカーを見て、そこにAチームが忘れていた、できていなかった大切なことがたくさん実現されていて、それをお手本にして戦ったものだったといえるんじゃないか、ということだ。

具体的に言えば、これは憲剛もコメントでそんなようなことを言ってるけど、「崩す」というのは、「じっくり」と言いつつ相手が守備を整えるまで待ってからのんびり押し込んで、「ボールを大事に」と言いつつたんにブロックの外でチマチマ繋ぐだけのサッカーではなく、まず球際で戦い、攻撃でも守備でも走り、ボールも選手も前への推進力をファーストチョイスにして、その後にはじめて自分たちのスタイルで「崩す」という、その順番を絶対に間違えちゃいけない、ということなんだと思う。

2点目、ネットがワンツーと3人目の動きを組み合わせながら一気にゴール前に迫ったシーンは、まるで蔚山戦の先制点の際の、あの学の突破をお手本にして、練習してきたかのような動きだった。

もうちょっと細かいところでは、仙台戦までずっと感じられた、選手全員があまりにもみんな同じことをやろうとしすぎて、特徴や個性、役割の違いがないサッカーになっていたのが、これは家長のコメントにあったんだけど、ある程度「使う側」「使われる側」の役割の違いを、全体として大まかに、そしてそれぞれの局面ではその場の状況に従って、意識したプレーをするということができるようになっていた。

全員が同じようにパスを受けて出しているだけでは、一生ゴールは生まれない。かといって、パスを出す人と受けてゴールを狙う人が固定されると、それはそれで相手にとっては守りやすい。どちらも、逆の意味で見ていて単純でつまらないサッカーになっちゃう。

そうじゃなくて、瞬間、瞬間で、ゴールに直結する役割分担がシームレスにできるサッカーがいちばん見ていて楽しいし、フロンターレのサッカーの本質のような気がする。そして、それがこのゲームではできていた。

少なくとも僕の中では、BチームがAチームのお手本になって素晴らしいものが生み出された稀有な例として、たぶんこの連戦は記憶に残ると思う。ほんとにいいサッカーだった。

鹿島戦3.JPG
鹿島は、みんなパスを受けてからどうしようか考えてる、と内田篤人が苦言を呈していたし、これは優勝するサッカーじゃない、というようなことを言っていた。サポも、大岩監督のやりたいサッカーがよくわからない、と言ってるみたいだけど、個人的には、やろうとしていたのは過剰にわかりやすい、鹿島らしいサッカーだったと思う。

2トップがサイドに流れて、そこにCBやSBからのボールで起点を作る。で、そこに2列目が絡んでいく。ボランチは繋ぎ役じゃなく、潰し役。ボールは握れなくていい。そもそも2トップなわけで、中盤はスカスカなんだから、セカンドボールを拾ってショートカウンター的に攻めるのがいちばん効率がいいという考え方で、それは球際の強さで実現させる。球際は全員強かった。知念も驚愕してたけど、どこか別次元に強かった。そして、これらは全部、典型的な鹿島のサッカーの特徴なんじゃないの、と個人的には思う。

問題は、あまりにも典型的すぎること。それこそ仙台戦までのフロンターレじゃないけど、チーム状況が良くないと、全員が意思統一だけでなくプレーも統一しすぎてしまって、単純でつまらないサッカーになってしまう。そういう状態に陥っているように見えた。

あとは、小笠原は、僕はもう限界だと思う。少なくともあの2トップでは、ボランチの運動量は攻守に最大の鍵を握る部分で、なんかもうてんてこ舞いしてアフターでぶつかってるだけだった。三竿も、小笠原の介護をしつつサイドのケアをしたり、なんかもうたいへんそうだった。

2列目のクオリティーも、正直足りていなかった。金崎と鈴木優磨が怖い存在になっていただけに、余計その差が目立った気がする。あそこはやっぱり速いドリブラーがいて、えぐってクロスを供給したり、バイタルをかき回したり、そうやって相手を引きつけてSBが仕事をするスペースを作ったりしないと。レアンドロが離脱してなかったら、フロンターレとしては格段に難しいゲームになったろうな、と思う。ホッ。

ウッチーのプレーを目の前で見るのは不思議な気分だったけど、車屋にぶっちぎられ、数少ないクロスの1本がミスキックに近いものになったりするのを見て、敵ながら、なんかちょっと残念な気持ちになっちゃった。もっと「さすが!」って驚かせてほしかったな。

思えば、うちの奥さんがサッカーに興味を持つきっかけは代表戦で、最初に好きになったのはウッチーだった。そして最初に抱いた疑問は、「ウッチーはぜんぜん得点を取ってないけど、どうして代表に選ばれるのか」だった。ポジションという概念がわからず、代表というのは、ゴール数の多い順に選ばれると思っていたのだという。

それが今では、やっぱ後半、3バックにしてた? とか、試合前のアップ中の審判団を見て、今日の主審、あれ今村じゃない? あ、違った、荒木だ! とか言うようになったんだから、隔世の感がある。そんな奥さんも、この日のウッチーのプレーがキラキラしてなかったのはよくわかったようで、残念がっていた。

最初のコミの話に戻るみたいだけど、怪我っていうのは、サッカー選手の人生を大きく変えてしまう。それも含めて、僕たちは観戦し、応援していくしかないのだ。敵とか味方とかはまた別の話として。

このあとはまたすぐ中3日の鳥栖戦。そしてそこから中2日で神戸戦。すごい日程が続く。鳥栖戦の先発メンバー、どのくらいターンオーバーしてくるのか楽しみなんだけど、どうなるかな。

そういえば、AチームがBチームをお手本にしたって話。見ていていちばん感じたのは、サッカーをする喜び、ボールを受けて蹴る喜び、試合をする喜びを大事にする、という部分が、いちばん大きかったんじゃないかと思う。

僕たちが本当に見たいのは、うまくいかなくてふてくされる選手の姿じゃなくて、そういうものなんだから。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:競馬