So-net無料ブログ作成

ACL蔚山現代戦 [川崎フロンターレ]

ACL蔚山戦、負けちゃったねえ。

大方の感想と同じで、僕も嘉人の存在とプレーがチームをおかしくしてると思う。それも、ミスが多いとかそういう問題じゃなくて、もっと根本的に。

今回、期待したのは、トップ下の憲剛がいない分、そこに嘉人が入ったらどうなるかな、というところだった。でもいざ試合が始まってみると、嘉人がやっていたのは2トップの片割れで、しかも悠が下りてきて上手じゃないポストプレーをしてロストしまくってるのに、それでも自分は前に張りっぱなしの、1トップに近い振る舞いだった。

これを、蔚山みたいにフロンターレの中盤の繋ぎに狙いを定めているチーム相手にやると、まずボールがブロックの外でしか回らなくなる。

だから家長や阿部ちゃんが下りてきて、しかも中に絞ってボランチやCBからのパスを引き出しに来ていたんだけど、その間も嘉人は中央の前にいる。家長や阿部ちゃんが絞るから、サイドは広く使えず、大きな展開ができなくなる。2人のサイドでの推進力や、ボールを収めてからの速攻・遅攻の判断はチームの武器だったのに、それがなくなって、しかもトップ下の憲剛がいないから、大島にその役割と、あと相手のマークが集中してしまう。

大島は、憲剛がうまく前でフォローするからこそ活きていたし、そこで組み立てられるから、ネットも比較的後ろ、2CBの間でボールをさばけていた。3人がセントラルプレーヤーという意味では同じ役割を負いながら、緩い縦関係になれていたのが良いバランスをもたらしていた。

でもこれだと、ネットも大島と並列でプレーしつつ、大島のマークがきついと、あとは自分で縦に無理なボールを入れたり、突進していったりしないといけなくなる。あのロスト頻発は、そういうメカニズムで起こってると思う。

昨年、良いバランスで回っていたものが、一人MFを減らしてFWを増やしたことで、壊れてしまった。で、本当に問題なのは、嘉人が口ではチームのためにどんな役割でもやるよ、と、いかにもMF的な存在になるつもりがありそうなことを言ってるのに、いざ試合になると、やってることは違うというか、以前と変わっていないところなんだと思う。

あと、嘉人が入ってまずくなったのはもう一つ、守備面だ。

相手ボールになったとき、あるいはロングボールのセカンドを拾う五分五分の場面で、中盤に1人いない状態になっているので、奪い返す守備ができないし、ルーズなものもマイボールにできなくなっている。

嘉人本人の守備も、FW的にプレスのスイッチ役だけはやるけど、そこから連動して奪えたシーンは、まだほとんど見たことがない。で、戻ってプレスバックするシーンや、ピンチに相手のボランチが飛び出すところを下がってついていって抑えるトップ下的な守備のシーンは、一切見かけていない。FW的に攻め残っちゃっている。あれじゃレナトと変わらない。

実際の失点シーンもDFのミスからだけど、バタバタなりに相手に時間をかけさせている間に嘉人が戻ってきていれば、抑えられたと思う。完全に、風間サッカーに戻っちゃっている。どうしてあれを鬼木監督が許しているのかが理解できない。

で、嘉人の試合後のコメントが「自分が下がると前に人がいなくなっちゃう」というのは、もう大問題じゃないか。

嘉人が言ってるのは完全に逆で、嘉人が下がって攻撃や守備で仕事をしないから、家長や阿部ちゃんや悠がそれをやらなくちゃいけなくなって、最終的にネットのところまでバランスが崩れているんだと思う。この意識のズレというか、ほとんど正反対の感じは、ヤバいと思う。

この問題の根が深いのは、鬼木監督ががキャンプから、そういうチームを作ってきちゃったところだと思う。こんな言い方はあまり本意じゃないけど、あとは少しずつ衰えていく一方の憲剛も、嘉人と交換しながら使うことで今年はなんとかいけるんじゃないか、という展開を予想していたサポは多いはずだ。でも蓋を開けてみれば、2年前と同じ意識とプレースタイルで、やっぱり緩やかに衰えている嘉人が戻ってきただけ、というチームを作ってしまった。

過密日程を良いきっかけにした「脱・憲剛」あるいは「ポスト憲剛」は、個人的には嘉人じゃなくて、一番手は家長、そうじゃなければ本来はサイドじゃなくセントラルプレーヤーだろと思っている長谷川とか、まあ誰にするかはいろんな意見はあると思うけど、でもそんなふうに新しいチームの形を模索していくべきだと思っていた。

でも、鬼木監督はそういうキャンプをしなかった。で、嘉人との交代起用でいくというなら、それはそれでアリかもと思っていただけに、昨日の試合は、へんな言い方だけど、裏切られたような気分にもなっちゃった。

あともう一つ、鬼木監督のマネジメントで明らかに間違ってると思うのが、守田のSB起用だ。あの右足クロスの際のフォームのぎこちなさは、ルヴァン決勝の長谷川もそうだったけど、SBとしての経験やスキルが、少なくともプロのレベルにはまったく達していないと思うんだけど。

期待して起用するなら、思い切ってネットの代わりにボランチに入れてみるとか、そっちじゃないかと思う。というか、キャンプや練習試合を全部見ていないからわからないんだけど、守田のSBって、キャンプでちゃんとやってたのかな。

いずれにせよ、この守田の使い方とセットになった右SB問題、嘉人の使い方、さらに他の新加入戦力の使われ方を見ると、学のことは別として、完全に「補強失敗」というワードが浮かび上がる。キャンプの内容に間違った方向のものがたくさん含まれていたんじゃないかという疑問も含め、これ、けっこう非常事態だと思う。

いわゆる「修正」で嘉人のフィットを求めるには、嘉人自身がすでに緩やかな衰えの段階に入っていて、身体的な意味での「調子」が上がるということもないだろうし、となれば、かなりドラスティックな意識の「修正」が必要だと思う。昨日のようなゲームを繰り返しながら、辛抱強くそれを待つか。

あるいは、キャンプではやらなかった新しいチームの形を急ピッチで、大胆に模索していくか。

極端にいえば、今つきつけられているのは、この二択なんじゃないか。いやあ、ヒリヒリするね。震えてくる。

震えながら磐田戦に行くけど、新幹線の指定席が、ちょうどいい時間の便だけ満席になっていてたまげた。こだまは指定席少ないからまた話は別なのかもしれないけど、でも満席って、なかなか見ない。いやはや、震えるぜ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

ACL上海上港戦 [川崎フロンターレ]

ゼロックスも公式戦といえば公式戦だから言い方は難しいんだけど、さあここからはマジで一つも無駄にはできないぞという意味での本当の公式戦が始まった。まどろっこしいね。

ACL上海.JPG
リーグ戦に先立って開幕したACLの初戦は、ホームで0-1。上海上港は、去年浦和とやったのを見ていた限りでは攻守の分業がハッキリした「ブラジル人行って来いサッカー」をしていた印象だったけど、今年から就任したポルトガル人新監督が、ぜんぜん違うサッカーをするチームに仕上げていて、びっくりした。

ラインをものすごく上げてコンパクトにしてゾーンディフェンスを敷いて、相手のパスをカットしてショートカウンター、という戦術は、ある意味でこないだのセレッソにも近かった。セレッソはもう少し前線からのプレスとサイドに追い詰めての囲い込みがアグレッシヴだったけど、それよりもっと「ゾーンの網」的な守備を徹底している印象で、いやはや、いいチームだった。

ただ、自分たちがボールを持つと案外攻め手がなくて、とりあえずオスカルに預けてフッキがドリブルしてエウケソンが真ん中で張るだけの単純なサッカーになっていて、そのへんはなんとか我慢できそうではあった。それだけに、あの失点は悔やまれるよね。

じつはあの少し前、大島が主審に何かをずいぶんアピールしていて、なんだろうと思っていたら、それは聞き入れられずにプレーがスタートして、その矢先の失点だった。あれ、谷口のコンタクトレンズが外れたからプレーを止めてくれってことだったんだね。

あそこでもう少し英語のコミュニケーション力と、強いアピール力と、あとチームとして、谷口がピッチにいないも同然の状態になったんだからいったん全員引いて守るぞ、という対応がはっきりとできていれば、あるいは違ったのかもしれない。そういうハイレベルな対応力が求められるという意味で、やっぱりこれもACLの難しさなのか、という気がじわじわしてる。

あのスローインになる直前、ソンリョンが自分に戻されたボールを、左でフリーの谷口にパスせずに、右の低い位置にいる奈良に預けていて、えっ? 見えてないの? ソンリョンらしくないぞ、と思ったのだが、もしかしたらあれは、すでに谷口のコンタクトが外れていることを知っていて、そっちはまずいという判断だったのかと思えば合点がいく。いずれにしても、そこから奈良がバタついてスローインを取られて失点してしまったわけだけど。

問題は攻撃面で、前半は相手の高いラインの裏を突こうとして、でもこれは相手が見事なんだけど、ラインはなかなか下がらなかった。相手の陣形もコンパクトで縦パスも入りにくいんだけど、ネットはどんどん入れてロストしてたなあ。。。

後半は大島あたりが意識してドリブルで侵入することでゾーンに歪みを作っていたけど、あれで何度か訪れた決定機で仕留めないと、そりゃ負けるよね。

あとは、エウソンのコンディションもいまひとつに見えた。昨年までもいくつかそういうゲームはあったけど、案外、イメージよりもフィジカルコンディションが上がってこないと消えがちになるところがあると思う。先発起用は早すぎたんじゃないかなあ。

嘉人は、どこが悪いとかじゃないんだけど、冷静に考えれば嘉人と悠、憲剛がいる前線ということは、風間サッカーの最後の2016年終盤、内容がどんどん低調になっていった時期のサッカーを1年半近く経った今、家長を入れたくらいの変化でまたやろうとしているということになる。いろいろ考えさせられちゃうよね。

個人的な印象としては、嘉人が入ると、全体がチマチマ細かいパスの、選手感の距離を縮めたサッカーになりがちだと思う。ダイナミックな推進力が失われるというか。つまり家長や悠の良さの一部が出にくくなる。それが出るようになったとき、はじめて「新しい嘉人がフィットした」ということになると思う。

それとは直接は関係ないけど、風間サッカーの問題点の一つは、ピッチのどこで、どのポジションの選手がどんな状況であっても、同じような、数的同数または数的有利の状況でのショートパスの崩し、を基本戦術にしようとするところにあると思う。いわゆる「選手間の距離」を、ピッチ全体で短くしようとしちゃうというか。

でもそれを前線でするのはいいけど、CBとボランチがやろうとすると、後ろが重くなるのは当たり前なのだ。選手間の距離が短いと、プレスしてくる相手も追いかけ回しやすいし。

なので、ビルドアップではある程度選手間の距離を取ったパスを基本にして、中盤から前で、短いパスでポゼッションして押し込んで崩す、ということができるのがいちばんなんだけど、セレッソ戦では、それができていなかった。あるいは相手のプレスがきつくて陣形もコンパクトだと、そうさせられてしまうというか。

こういうのは、キャンプを終えたばかりのチームにありがちで、そこで再確認してきたことを愚直にやろうとしすぎるというか、そういう面はあると思う。上海戦ではそのへんは改善されつつあったし、やっぱり実戦を繰り返してこそチームは強くなるというか、実戦で強くなっていかないチームではダメなんだろうなと思う。

とにもかくにも公式戦連敗スタートとなったわけだけど、でももしかしたらこれ、最初にいきなり、1年通して戦う中でも相当にチーム力が上位の相手と2つ続けて当たっちゃった、と考えれば、そう悲観することないんじゃないかとも思う。

いずれにせよ、長い長いシーズンが、ついに始まったということ。ゼロックスに行かなかった身としては、久しぶりにナマのサッカーを目の前で見て、やっぱ面白いなあと心から思えた。今年も1年、楽しむぞ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

ゼロックスと月食とシルバーステート [日記]

ゼロックススーパーカップ、負けちゃったね。。。

負けるのはまあしょうがないけど、内容が良くなかったのは、なんか不安にはなる。思うに、もしこれがリーグ戦ならば、前半の途中で、少なくとも失点する26分より前に、今日は相手が上だと割り切った修正を施して、我慢しながら後半に繋げていくってことをできなくちゃいけないんだけど。

ソンリョンが痛んで中断したところで、憲剛が下がってゲームメイクする修正は入ったみたいだけど、セレッソは高いラインでコンパクトにゾーンを敷いていて、縦パスは受け手を潰すし、サイドでは素早く追い込んでくるしで、ぜんぜんボールを前に運べなかった。

あれだけうまく守られると、まずはボールを左右に早く動かして、プレスの外しどころを見つけていくしかないと思うんだけど。憲剛はそれができても、じつはネットはそういうイメージが欠けたプレーヤーだったりする。そこはボランチから見たフロンターレの弱点というか、ネットが焦ってへんなパスを縦に送ったり、無理なワンツー突進をしたりするときは、たいていゲームは劣勢になっている。うまくいかないときの典型例の一つだと思う。

しかし、見てないけどたぶんそうじゃないかと思うんだけど、沖縄での浦和との練習試合から、2列目、3列目からの飛び出しに簡単に崩されすぎじゃないかな。何か新しい守り方にトライしているのか、それともボランチを中心に、まだ攻撃の精度を上げていくことに集中する「キャンプ」モードだからなのか。わかんないけど、はっきり言って前にランニングをかけられると、完全にザル状態になるシーンが続いている。

ちなみに1失点目の山口蛍は、あれは憲剛が付いていかなきゃダメなんじゃないかな。じゃなければ、健勇が起点になったところで厳しめに行って、収めさせないようにしなきゃ。去年のホーム磐田戦の、川辺のゴールがあんな感じだったな、と思い出した。同じパターンでゴールされるというのは、良くないことだと思う。

幸い、まずは相手の研究と対策があまり細かくないACLの2試合があるので、その間に修正しておかないと、リーグ戦では崩されまくりそうな、嫌な予感もする。

嘉人に関しては、良くも悪くも懐かしかった。点を取れたのは、気分的なものを含めても大きな収穫だった。心配はやっぱり、前線からの守備がどこまでできるかというところかな。

守田は良いところがたくさんあった。でも3失点目の高木へのマークはマズいよね。試合を壊すくらいのボーンヘッドだった。ああいうのが、奈良とのカバーリング関係でどうにかなるのかどうかとか、そういうことはわかんないけど。

でもまあ、心配ばっかりしててもしょうがないんだよね。

全試合を、全勝なんてできないんだから、どっかで負ける日は来る。それがここだったというのは、考えようによっちゃ悪くないリズムでしょ。

という考え方を、僕はわりとする方で、雰囲気が悪くならず、切り替えと修正を集中してできるなら、今回の負けは「必要な負け」だったということになるんじゃないかな。なんて。

で、話はぜんぜん変わって、1月31日の月食のこと。

月食1.JPG
月食2.JPG

こういうの、大好き。何を隠そう、19歳くらいまでの僕の夢は、宇宙物理学者か、じゃなければ「どこでもドア」の開発だったのだ。そりゃベランダにも出るってもんです。

で、話はまたまた変わって、先日は北海道へ行って、種牡馬展示会を見てきた。行ったのは優駿スタリオンステーション。

シルバーステート.JPG

新種牡馬シルバーステートは、いい馬だったなあ。少しセンは細い印象ではあるけど、脚が長くて、ちゃんと馬格があって。優駿スタリオンの人に聞いたら、日高地区の、若い生産者はものすごく興味を持ってくれていて、逆に古い人たちはそんなでもない、という印象らしい。なんか、なるほどという感じでよくわかる話だ。

ヘニーヒューズ.JPG

あと、ここにはアジアエクスプレスやヘニーハウンド、サウンドボルケーノと、ヘニーヒューズの仔で種牡馬入りした馬がいっぱいいるけど、やっぱり本家というか親玉というか、いや実際に親なんだけど、ヘニーヒューズはスケールの大きないい馬だった。今年で15歳だから、ここからラストスパートという感じだろうけど、たくさん仔を残して、その中から父を超えるようなスケールの後継種牡馬が出てくるところを見てみたいな、と思う。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年フロンターレ新チャント [川崎フロンターレ]

去年もやったけど、フロンターレの応援団の人たちが作った2018年新加入選手のチャントを覚えるために、原曲と並べて聴いてみたりして、どうせならそれらを繋げて自分用ファイルを作って聴こうと考えて作ってみたものです。




例によって、完全に個人用に作ったものだけど、せっかくなのでちょっとでも誰かの役に立てばと思って、リンク貼っておきます。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

フロンターレ展と商店会挨拶回り [川崎フロンターレ]

オッケーグーグル、PATで日経新春杯の当たり馬券買っといて。

「ハイ。ガンコ、カラノ、サンレンプク、ヲ、カッテオキマシタ。ピポパピポ・・・(適当)」

という時代は、本当にやってくるんだろうか。いまだガラケーの僕にはよくわからないので誰か教えて。

というか、テレビのCMから「オッケーグーグル、踊れる曲をかけて」(だっけ?)とかなんとか流れてきた音声を拾っちゃって、深刻な話をしているところに勝手に踊れる曲が流れちゃうこととかないんだろうか?

というか、家でこっそり「オッケーグーグル」って口に出してる人、実際には何人くらいいるんだろうか?

人生はまだまだわからないことだらけだ。まあそれはさておき。

フロンターレ展1.JPG

毎年、フロンターレ展は1月になってから行ってる。今年もわりとギリギリになっちゃった。

フロンターレ展2.JPG

やっぱ見たいのはシャーレだよね。堪能しました。

フロンターレ展3.JPG
フロンターレ展4.JPG
フロンターレ展5.JPG

恥ずかしながら、足首の上まで覆うようになってるハイカットみたいなスパイクがあるの、知らなかった。素材的には、バスケみたいに足とシューズの一体感を高めるというよりは、脱げにくくしたり、横から芝生とか小石とか入っちゃわないようにするためなのかな。人生はまだまだ知らないことだらけだ。

奈良と守田.JPG
恒例の選手の商店会挨拶は、近くの柿生へ行ってきた。今年は奈良と守田だった。

守田は緊張してるというか、まだ声をかけられ慣れてないというか、どういう表情でどういう返事したらいいかわからなくてとりあえずおとなしくしてるだけって感じだったかな。まあここからどんどん「プロ」になっていけばいいと思う。

それにしても。

齋藤学の移籍はびっくりした。でも、後出しで偉そうに言うなら、エウソン含め全員の更新が発表された後も、三好とハイネルがいなくなった分の「ドリブラー」枠の補強は、絶対にしないわけがないと思ってた。まあそれが柿谷なのか三笘なのか4人目のブラジル人なのかはわからなかったけど、でも絶対まだなんかあると。まさか怪我で序盤は出場が難しそうな齋藤学だとは。

というか、もうこうなると単なる飛び道具的な「ドリブラー」じゃなく、2年後、3年後、そしてそれ以降の前線の中心選手の一人としての獲得ということになると思う。学にとっても、自分のプレースタイルを変えるというか広げてアップグレードする、もしかしたら最後の大きなチャンスかもしれないわけで。そういう意欲を応援したいと、心から思う。

補強でいうと、今年はSBの補強もあるんじゃないかと思っていたけど、ないということは、左はノボリと、ついにタビナス。右は武岡とたっぴーでいける覚悟というか、感触があるんだと思う。車屋なんてたぶん代表に入るだろうし、そうなると1年間、すべてのゲームで同じコンディションを期待するわけにもいかなくなる。エウソンも、カップ戦も含めて過密日程、全部フル出場するわけにもいかないだろうし。それでもこれでいけると判断したのなら、こっちもそういうつもりで応援しなきゃ。

下田北斗はボランチでの獲得なのかな。でもチームとしては森谷への信頼はすごくあると思うし、あと新人だけど、守田への即戦力的な期待も、サポが思う以上にある気がする。今年は嘉人と学以外の補強が地味だと思われてるけど、逆に考えれば、派手な補強をしなくてもじつはかなり確実な底上げができているポジションだということじゃないかな。あと田中碧も、タビナスと同じで今年はついにベンチ入りを期待したい。

前線は、あとは嘉人と赤﨑、鈴木雄斗か。赤﨑はなかなか数字を残せていないし、鹿島でもガンバでもポジションを獲得するまでいかなかったけど、でもプレーの内容は多くの人が評価してる選手、というイメージ。下位やJ2のチームで出場機会を、というパターンもありそうなところを、逆に前線の選手としてはいちばんポジション争いが厳しそうなフロンターレを選んだ点は、いろんな意味で野心の表れだと思う。今はまだ、高いレベルのポジション争いに加わることを諦めたくない。そしてその中で、もう一段階、成長したいという。

鈴木雄斗は、プレーをほぼ見たことがなくて、早く練習を見てみたい。楽しみ。J2のハイライトなんかでは、カウンターでゴールに向かうプレーが印象的で、大塚や狩野とはまた違うイメージの2列目の選手なのかな。

嘉人は、さっそく森谷先輩あたりにいじめられてるみたいで。まあ最初は絶対にその手のイジリから入るんだろうなと、これは予想してた通りではあるけど。でもどうしよう、ほんとに嘉人のユニだけ星が付いてなかったりしたら(笑)。そういうこと、5%くらいはほんとにやりそうなチームだけに。

まあプレーに関しては、できないわけがない。とみんな思ってるけど、でも今のフロンターレでは、相当に走らないと足手まといになる可能性もあって、想像以上にそこの齟齬が埋まらない、みたいな事態も考えられないわけじゃない。楽しみもあるけど、そういう怖さもある。

ともかく、本当の問題は、シーズンが開幕して公式戦が始まってから出てくるはず。嘉人がいったいどんなプレーで、あるいは立ち位置でチームに貢献していくのか。鬼木監督のマネジメント能力が問われる。

新体制発表会はニコ生で見る予定。現地に行かれる方、新加入選手への声援と拍手、よろしくです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬